阿蘇山火口観光の行き方や駐車場やロープウェイの料金ほか立ち入り規制や通行止めの注意と見るべき情報!!

熊本阿蘇のカルデラは世界有数の規模を誇り、草原や山々が広がる熊本を代表する観光スポットです。
その中でも中岳の火口池はエメラルドグリーンや青い色をしていると言われる火口湖となっていて、他ではほとんど見ることのできない貴重な景観となっています。

ここではアクセスなどのほか、時間や見学時の注意点、周辺の観光スポットも紹介しています。


スポンサーリンク

阿蘇山火口観光の行き方

 

 

阿蘇中岳(ロープウェイ乗り場)のアクセス方法は

車やバイクのほか、産交バスの「阿蘇火口線」があります。

しかしバスを使う場合、阿蘇駅までの電車が地震の影響で不通で、遠方からは車でアクセスするか、九州横断バスを乗り継いで行くことになります。

九州横断バスは本数が少なく往復4000円以上かかりますが(熊本交通センターから乗った場合)、車がない方の貴重な阿蘇山火口への移動手段となっています。
阿蘇山火口へのバス情報は←こちら

車で阿蘇駅まで行くくらいならバスを使わず火口まで行ってしまったほうがいいので、火口への地図を貼っておきます。

車で高速道路を使っての火口へのアクセスは、熊本ICで降りるのがおすすめです。

熊本ICからの地図

途中にも米塚や草千里など観光スポットがありますが、休日は観光客で混雑することがあり、風向き次第では火口への立ち入り規制が始まるかもしれませんので、先に火口を見に行き、その後でほかの観光スポットによられた方が良いかもしれません。

詳細は阿蘇山火口は立ち入り規制や通行止めに注意!!に書いています。

 

阿蘇中岳ロープウェイ乗り場から火口へのアクセス方法

通常のアクセス方法は、車とロープウェイにがあります。
しかし現在阿蘇山噴火の影響でロープウェイは動いておらず車かシャトルバスでのアクセスになり、ロープウェイで上空から阿蘇中岳を眺めることは現在できなくなっています。

阿蘇山火口の駐車場やロープウェイの料金や時間

駐車場の料金

阿蘇中岳の火口へ行く時はロープウェイを利用する場合も駐車料金がかかります。
無料の駐車場もありますが非常に狭く、混雑時に駐める事はまずできません。

駐車場の料金は

二輪車 100円

スポンサーリンク

乗用車 410円

マイクロバス820円

 

となっています。

阿蘇山の火口へ行く方法はロープウェイと自動車がありますがどちらもお金がかかります。
そんなに高いとは思いませんが、「お金がかかりびっくりした」との話も聞きますので書いておきます。
(大幅な金額の変動はないと思いますが、料金が変更されることもあるかもしれませんので、気になる方は直接公式サイトで確認するか問い合わせするのがいいでしょう)

阿蘇山公園道路の料金(ロープウェイ乗り場からの道路通行料)と通行時間

自転車:無料

自動二輪:200円

軽自動車:600円

普通自動車:800円

バスなどは別に料金がありますが、ここでは省略します。

夏季期間
3月20日~10月31日 8:30~18:00

秋季期間
11月1日~11月30日 8:30~17:30

冬季期間
12月1日~ 3月19日 9:00~17:00

 

ロープウェイの料金

現在はロープウェイは動いていませんが、シャトルバスでも料金は同じです。

大人(中学生以上) 往復 1200円 片道750円

子供(小学生以下) 往復 600円 片道370円

 

団体割引(25名以上)もありますので、もし団体で行かれるのであればもう少し安くなります。

現在ロープウェイが動いていませんのでロープウェイからの景観は楽しめませんので、車やバイクで行かれるのであれば火口まで車で行くのをおすすめします。

阿蘇山火口は立ち入り規制や通行止めに注意!!

阿蘇山の火口からは有毒なガスが出ており立ち入りが規制されることも多いため到着するまで火口湖を見れるかは分からず、火口見学中でも規制が始まることもあるので運によるところもあります。
火口湖が見れないなら行かないと言うのであれば、せめて当日に規制情報を調べることをお勧めします。

阿蘇火山西火口規制情報←クリックで現在の規制情報サイトに移動します。

それでも到着までの間に規制が始まることもありますので、阿蘇に入った位の時に立ち入り規制が行われていない事を上のリンクから確認したら、他を観光中に立ち入る規制が始まる事がないようにまず火口に向かい火口湖を見られた後で他の観光地を回るのがいいでしょう。

阿蘇山火口観光の行き方や駐車場やロープウェイの料金ほか立ち入り規制や通行止めの注意と見るべき情報まとめ

阿蘇山の火口湖は他では見ることのできない景観の広がる貴重な場所です。

道路は熊本地震から補修が進み車でのアクセスは問題ありませんが、電車を使ってのアクセスができず、車以外で移動される方はバスを使うことになります。

前日は立ち入り規制されていなくても、当日に規制が始まることも多いため注意が必要で、立ち入り規制がない時も喘息などを持たれている方の立ち入りは禁止されています。

スポンサーリンク

阿蘇山火口周辺の観光スポットや見所も紹介

草千里ヶ浜
草原が広がりとてもいい景観を楽しめる場所。多くの観光客が訪れるためゆったりしたいのであれば、朝か夕方に訪れるのがお勧め。

 

米塚
現在立ち入る事はできませんが、ぷっくりとした丸みのある可愛い小山です。

 

米塚下園地
駐車場もあり、遠くから米塚を見ることができる公園で、景観もgood

コメントを残す