ベビー用品の準備で必要な物やあると便利な物と相場や平均金額はどれぐらい必要か書いてみました

初めての出産で、ベビー用品を準備するとき悩んでしまう人は多いのではないでしょうか。

ベビー用品店に行くと、様々な種類のグッズがあるので、あれもこれもと買っているとものすごい出費になってしまいます。

そこで、出産前に準備しておきたい必需品、用意しておいて損はないものをお伝えします。

また、気になる予算についても触れておきましょう。

スポンサーリンク

ベビー用品の準備で必要なものは何がある?

ベビー用品には、赤ちゃんが生まれてしばらくしてから買えばいいものと、生まれてすぐ必要なものがあります。
出産前には、とりあえず産後すぐに使うものだけを用意しておきましょう。

絶対に必要なのは、赤ちゃんの服(肌着とベビー服)・オムツ・オムツ用ゴミ箱・おくるみ・ガーゼ・赤ちゃん用タオル・沐浴剤・赤ちゃん用爪切り・綿棒です。
また、沐浴の際、洗面所をベビーバス代わりにできそうでない場合は、ベビーバスも必要ですね。
室内でペットや上の子が動き回る場合はベビーベッドも必要でしょう。

ベビー用品の準備 あると便利な物はこれ!!

授乳クッションは、新生児期の授乳がラクなのであると便利です。また、授乳ケープがあるとどこでも授乳ができます。
ただ、これらは普通のクッションやおくるみなど、他のもので代用ができます。

スポンサーリンク

また、だっこ紐は最初は必要ではないかもしれないけれど、ゆくゆく必要になります。
特にスリングは、新生児期から使えて赤ちゃんがよく眠ってくれますし、お母さんもラクなのでおすすめ。

あとは母乳が出るか心配な人はほ乳びんと粉ミルクがあると安心感はありますね。

ベビー用品の相場 平均金額はどれぐらいかかる?

赤ちゃんの服はピンキリですが、洗い替え含め肌着4セットとベビー服4枚を用意するとして12000円程です。
オムツは新生児用1パック1500円、ゴミ箱2000円、おくるみ3000円、タオルやガーゼなど、細々したものを合わせて5000円程かかります。
これだけで、25000円程は必要ということですね。

さらに、家庭によってはベビーバスやベビーベッドも必要になってきますので、さらにお金がかかります。
リサイクルやレンタルなどの方法で予算を抑えることもできるので、検討してみて下さい。

ベビー用品の準備で必要な物やあると便利な物と相場や平均金額はどれぐらい必要か書いてみましたまとめ

ベビー用品はいろいろ必要な気がしますが、産後すぐに絶対使うものだけを最初は用意しましょう。

赤ちゃんが成長すると使わなくなるものがほとんどなので、できるだけ他のもので代用したり中古品を使ったりして出費を抑えたいですよね。

また、あると便利なグッズは、本当に欲しいと思ってからでも間に合います。

25000円程で新生児期に必要な最低限のものは揃いますので、その後必要に応じて買い足していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す