ベビー用品の相場と安く買う方法や節約で購入費用を抑え、痛い支出を取り除こう!!

赤ちゃんの出産はとても楽しみなことですね。

予定日が近づくにつれ、少しずつベビー用品を準備している人もいるのではないでしょうか。

でも、初めての出産で、何をどのくらい用意すればいいのかわからない人も多いかと思います。

せっかく買ったけど実際にはあまり使わなかった…ということもあるので、本当に必要なのかよく考えてから用意したいですよね。

そこで、少しでも安く無駄なくベビー用品をゲットする方法をお伝えします。

スポンサーリンク

ベビー用品の相場 揃えるといくらかかる?

まずはベビー服です。
季節によっても必要な種類は変わってきますが、肌着は必需品。短肌着と長肌着をセットにして使うことになります。
その肌着1セットで1000円程、洗い替えで4セットあれば十分なので、4000円程です。

 

夏以外はこの上からベビー服を着せるので、1枚2000円で同じく最初は4枚で8000円程。
紙オムツはサイズアウトも考えて、新生児用1パック(100枚程度)だけ用意し1500円程です。

 

さらに、オムツ用ゴミ箱2000円、ベビーバス3000円、おくるみ3000円、だっこ紐20000円です。

 

このほか、沐浴剤やガーゼなどの細々したものを含めると60000円以上の出費になってしまいます。

ベビー用品を安く買うにはどんな方法がある?

最低限のベビー用品の準備だけで60000円以上の出費は痛いですよね。でも大丈夫。
もっと安く揃えられる方法はたくさんあるのですよ。

 

まず一番に実行したいのは、中古品を使うことです。
フリーマーケットやリサイクルショップに行くと安く中古品をゲットすることができます。
幼稚園などのバザーでも、ベビー用品が破格で買えますよ。

スポンサーリンク

 

中古品はちょっと…という人は、通販のセールを利用するのも安く買えるコツ。
肌着など数が必要なものは、一枚ずつ買うより複数枚セットのものを買うとお得です。

ベビー用品(の出費)を節約する事はできる?

中古品を買う前に、親戚や友人から、子どものお下がりをもらえそうな場合は、譲ってもらいましょう。
また、ベビー用品はわざわざ正規品を買わなくても、他のもので代用して出費を抑えることができます。

 

例えば、だっこ紐も人気商品は20000円程しますが、スリングを手作りすれば材料費の2000円程で済みます。
オムツ用ゴミ箱も、ただの蓋つきバケツでもニオイは抑えられます。
ベビーベッドも、ペットがいるなどの事情がなければ必要ないかもしれません。

 

赤ちゃんがいる暮らしをイメージして、本当に必要かどうか考えると案外使わずに済むものもあるのです。

ベビー用品の相場と安く買う方法や節約で購入費用を抑え、痛い支出を取り除こうまとめ

ベビー用品専門店には、ものすごい種類のグッズがあり、どれも必要な気がしてしまいますよね。

でも、まずは譲ってもらえそうな人がいないか探してみましょう。次にリサイクルショップやフリマ。

わざわざ高いものを買わなくても安いもので代用できる場合もあります。

ベビー用品は、赤ちゃんが大きくなったら使わなくなるものがほとんどです。

本当に必要なもの、譲ってもらえなかったものだけを買うことでかなり節約になりますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す