ベビーベッドのレンタルと購入ではどっちがいい?金額の相場や安く済ませる方法は?

いよいよ赤ちゃんが生まれるとなった時にどうすればいいのか難しいのがベビーベッドの存在です。

購入しても使う期間は一時期に過ぎませんし、その後どこに保管しておけばいいのかも考えなければなりません。

一方でレンタルという選択肢もありますが、借りられる期間はどのくらいか、金額はいくらかなど気になる点も多いです。

実際にレンタルと購入ではどっちが良いのでしょうか。メリット、デメリットを比較しながら考えます。

スポンサーリンク

ベビーベッドのレンタルと購入はどっちがいいの?

ベビーベッドはレンタルと購入のどちらが良いのでしょうか。
どちらにもメリットとデメリットは存在しますので互いに比較してみましょう。

・レンタルのメリットとデメリット

【メリット】
・使い終わったら回収してもらえばいいので保管場所に困らない。
使用後の置き場所を考える必要はありませんし、もしもあまり使わなければ早めに回収してもらうことも可能です。

 

【デメリット】
・気に入るものがあるとは限らない
レンタルで取り扱っている商品数が少ないとご自分のライフスタイルに合いそうなものが見つからない場合があります。

・購入のメリットとデメリット

【メリット】
・2人目以降もいるのであれば結果的に安上がりになる。
お子さんが1人の予定であればレンタルがお得な場合が多いですが、2人以降もお考えであれば購入の方が安上がりです。

 

【デメリット】
・使い勝手が悪かった時の取り返しがつかない。
収納が今一つだったり、ベッドでは赤ちゃんが寝てくれないケースもあります。
予想外に使うことが少なかった場合のリスクは大きくなってしまいます。

スポンサーリンク

ベビーベッドのレンタルと購入の金額の相場

気になる費用の差はどのくらいでしょうか。
レンタルの場合は会社や商品によって違いはありますが、月1,500円~2,000円くらいが相場と言えます。
使用期間は目安が6ヶ月~10ヶ月くらいと考えると最も安く抑えて6,000円で高ければ20,000円といったところです。

 

一方の購入ですと、こだわればいくらでも高くなりますが一般的な相場は15,000円くらいです。

 

安いレンタルで済ませても10ヶ月以上使うのであれば購入の方が安く抑えることができます。
子どもが気に入ってしまう場合や、細々したベビー用品の保管場所として便利な場合もあるのでレンタル期間は予想外し辛いところもあります。
一概にレンタルの方が安上がりだとは言えないようです。

ベビーベッドのレンタルと購入で安く済ませられるのは?

レンタルと購入のどちらが安いかというのは、どのくらいの期間使うことになるかで変わってきます。
絶対にここまでしか使わないと予め決めるならレンタルの方が安く済む場合が多いですが、不透明であるならそうとは限りません。

 

究極的には新品にこだわりがないのであれば中古で購入するのが一番安く済むでしょう。
中古でしたら6,000円くらいから購入が可能ですので、一番安いレンタルでも4ヶ月分程度で済みます。
使い終わったら再度売ることでさらに総額を抑えることも可能です。
もちろん傷などの問題もありますのでそこには注意が必要ですが、選択肢としては十分魅力的ではないでしょうか。

ベビーベッドのレンタルと購入ではどっちがいい?金額の相場や安く済ませる方法まとめ

ベビーベットは購入してもレンタルしても、利用の期間を考えると金額的な差はそれほど大きく出ません。

どちらにもメリット・デメリットはありますので、あとは家の広さやライフスタイルによってどちらが便利かということになってくると思います。

中古という選択肢もありますので先輩ママの意見も取り入れながら慎重に考えてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す