七五三の母親はスーツと着物はどっちがいいの?ネックレスや髪飾りや服装にマナーはある?

七五三の時の母親の服装はスーツと着物はどっちがいいの?マナーはあるの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

七五三は、初めて迎えるという方も多いので、どちらがいいのか分からない…という方も多いです。

そこで、七五三の時の母親の服装について、詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

七五三の母親はスーツと着物はどっちがいいの?

ついつい子供の着物ばかり用意をしてしまっていたけれど、自分の分も用意しなければいけない…と焦ってしまうお母さんも多いのではないでしょうか。

ドレスコードに関してですが、結論から言うと、最近では、カジュアルな風潮がありますので、こうしなければいけないという決まりは特にないといえるでしょう。
つまり、スーツでも着物でもどちらでも、基本的には問題はありません。
しかし、夫婦や親子間で服装を合わせるということはマナーとして大切であるといえるでしょう。
とりあえず、夫婦間でバラバラにならないようにだけは気をつける必要があります。
たとえば、旦那さんがスーツなのにもかかわらず、母親が着物であれば、少し違和感を感じてしまうことになります。
夫婦間でこういったドレスコードを合わせることが出来れば、問題は特にないといえるでしょう。

 

また、七五三の際には、神社であるということを忘れてしまってはいけません。
つまり、膝のあいたスカートだったり、露出度が高いセクシーな服装、そして、サンダルやミュールなどは避けておくべきであるといえます。
ワンピースなどは構いませんし、お子様が走り回る年齢であれば、パンツスーツでも問題がないという意見も多いです。

七五三の母親のネックレスや髪飾りなどのアクセサリーは付けてもいい?選び方は?

七五三の母親のネックレスや髪飾りなどのアクセサリーは付けてもいい?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。
考えておかなければいけないのが、七五三は、あくまでも子供が主役であると言うことです。
あくまでも親は引き立て役になりますので、お子さんよりも格下であることを意識する必要があるといえるでしょう。
髪飾りなどは付けても問題はないですが、派手すぎないようなものを付けていくことが必要です。

スポンサーリンク

 

さらに、ワンポイントに留めておく必要があるといえるでしょう。
少し華やかさをだしたいという場合には、このように髪飾りは目立たないもので、ワンポイントに留めておくように心がけましょう。
服装などがダーク系になってしまう場合には、どうしても地味な印象になってしまうことが多いといえます。
そういった場合には、ネックレスなどといった、アクセサリーを付けるのは問題ないといえるでしょう。
パールのネックレスやコサージュ、そしてイヤリングなど、上品なものを身につけておくことが必要です。
また、服の色と合う、派手すぎないものを選ぶことが必要です。

七五三の母親の服装にマナーはある?

七五三の母親の服装にマナーはあるのか?という点ですが、最近では、七五三という場でも、カジュアルな風潮がありますので、それほどこれでないといけないという決まりそのものはないといえるでしょう。
しかし、夫婦でドレスコードがバラバラだったりすることはあまりよくありませんし、マナー違反であるといえるでしょう。
夫婦間のドレスコードは統一していくことがよいといえます。

 

また、七五三は、あくまでも主役は、子供であるため、あまりにも華美な服装をしていくのはマナー違反といえます。
あくまでも主役は子供であり、自分自身は引き立て役と言うことを頭に入れて、服装を考えるようにしましょう。

 

また、七五三の母親の服装ですが、あまりにも地味すぎる印象もよくありませんので、ワンポイントでアクセサリーを付けたり、あるいは少し髪飾りを付けるのは問題はありません。
神社であることを忘れずに、露出の高い格好をしたり、ハイヒールを履く、また膝の出たスカートをはくなどこういったことは避けておく必要があります。
こういったことを考慮しておけば、あとは着物でもスーツでも問題はないといえるでしょう。

七五三の母親はスーツと着物はどっちがいいの?ネックレスや髪飾りや服装にマナーまとめ

いかがでしたでしょうか。

七五三の母親の服装は迷ってしまいがちですが、こういったことに気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す