七五三の髪型3歳編 薄毛で短い場合の簡単セルフセットの方法や華やかさを出す方法を紹介!!

七五三の写真を撮るのであれば、華やかや写真を残したいと思うのが親心です。

しかし、子どもの成長は人それぞれで、髪の毛が育つのが遅い子どもや、髪が薄い子どもも存在します。

将来子どもが自分自身の写真を見ることも考えて、髪がたを考えてあげることも大切になるのです。

 

スポンサーリンク

七五三の髪型で3歳の薄くて短い場合のヘアスタイルはどんなものがある?

七五三の髪型で定番になっているのがおかっぱです。
前髪を切りそろえるスタイルは幼い子どもほど良く似合う傾向があります。
七五三の髪型としても定番になっているため、まずおかっぱができるのか、似合うのか何がえるのは一つの基準になってきます。

 

おかっぱがいまいちしっくりこない場合は、ウィッグなどを使ってしまうのも方法です。
子ども向けのウィッグでやエクステで髪を足すことで見栄えを良くしようと考える人は多く、もう一つのスタンダードにもなっているのです。

 

フルサイズのウィッグを使わなくても、後ろ髪や前髪だけを足すといった選択肢が加わるのもポイントになります。

七五三の髪型で3歳の簡単なセット方法

3歳児となると、じっとしていないことも多く、美容室で髪の毛をセットしてもらうことが難しくなります。
むしろ自宅などの落ち着ける環境の方が安心してセットできるケースも多く、簡単なセットをするポイントにもなっています。

 

3歳で髪の毛がまだ伸びていない場合は、ウィッグやアクセサリーを使うことを前提にした方が手間がかからず、華やかなイメージが作りやすくなります。
また、癖毛ならばウィッグもウェーブがかかったものを選ぶなど、子どもの髪質に合わせて選ぶことも大切なポイントになります。

 

髪が跳ねやすい部分はピンやヘアスプレーを使って固め、上からウィッグかアクセサリーをつければピン自体が目立たなくなります。
もちろん、ピン止めタイプのエクステ等を使ってまとめてしまう方法もあります。

スポンサーリンク

 

ウィッグを使うのであれば、ウィッグ自体をカットしたり、ウェーブなどを改めてつけておいて、かぶせるだけにしておくという方法もでてきます。

七五三の髪型 3歳の薄くて短い髪にワンポイントをプラスして可愛く華やかに

七五三の髪型選びでもう一つのポイントになるのが髪飾りです。
七五三の衣装は華やかなことが一般的になるため、髪型を豪華にするだけではバランスがとれないケースも出てきます。
特に髪のボリュームは影響が大きいため、アクセサリーなどで華やかさをプラスした方がバランスをとりやすくなるのです。
顔に視線が行きやすくなることも大きなメリットになります。

 

選び方は着物などと同系色でそろえるか、ワンポイントとして指し色をするかでかわってきます。
同系色でそろえた場合は統一感があり、違和感が生じにくいのがポイントになります。
顔立ちがはっきりしている子どもにはとくに合いやすく、イメージのずれが生じにくくなります。
指し色は襟やバッグなどでも入れられるため、無理に髪飾りで入れる必要は無いからです。

 

指し色になる髪飾りを選ぶ場合は、顔やアクセサリー周りに視線がいきやすくなります。
指し色にする場合は華やかであってもサイズが大きすぎないものなど、バランスをとるのがおすすめです。
主張が強すぎるとイメージが崩れやすくなるため、高級感や質感で主張をさせるのが重要になります。

七五三の髪型3歳編 薄毛で短い場合の簡単セルフセットの方法や華やかさを出す方法を紹介まとめ

髪がまだ伸びていない子どもであっても、アクセサリーやウィッグなどで補い華やかなイメージを作ることができます。

アクセサリーなどを使う前提でセットを簡単にすることも可能で、時間の短縮や子どもへのストレスを軽くすることにも役立てられます。

思い出に残るものだからこそ、将来子どもが見てもうれしいと思えるようなヘアセットを選んであげれば、成長後に思い出として楽しむことができるのです。

スポンサーリンク

コメントを残す