七五三を男の子が3歳や7歳でするのはおかしい?何歳でするのが正しいの?

七五三はそれまで大切に育ててきた両親にとっても、見守ってきた祖父母にとっても、無事な成長を感謝し、皆でそれを祝うことの出来る大切な行事ですよね。

また、祝着を身に纏った可愛い姿が大人達の目を楽しませてくれます。

でも、現代では一般的には3歳と7歳が女の子の祝い、5歳が男の子の祝いとされています。

男の子は3歳や7歳などの歳に七五三を行っては駄目なのか、何歳で行えば良いかなどをこれから見ていきましょう。

スポンサーリンク

七五三を男の子も3歳でするの?

現在では七五三とひとくくりにされていますが、元々は全く別の行事だったのです。

 

現在では主に女の子が行うとされる3歳での祝いも、実は江戸時代は男女共に行っていました。
江戸時代は3歳までは髪を剃る習慣があり、数えの3歳を迎えるとそれを止めて髪を伸ばし始めました。
これを「髪置きの儀」と呼びました。
由来からすれば、男の子も3歳のお祝いを行ってもおかしく無いことになります。

 

では何故男の子は3歳のお祝いをしないのでしょうか?
私見を述べさせて頂きますね。

江戸時代まではちょんまげを結っていたので、男性でも髪を伸ばさなければ作れない髪形でしたが、明治になって男性は髪を短くすることになりまし。そして短髪、いわゆる「いがぐり頭に」することが多かったようです。
ですから、髪を伸ばすという意味合いを持つ3歳のお祝いは女の子だけのものになったのではないでしょうか。
以上が何故男の子は3歳の七五三のお祝いをしないかに対する私の考えです。

 

5歳のお祝いは武士「袴儀-はかまぎ-」(あるいは「着袴-ちゃっこ-」とも言う)が由来です。
これは男子が袴を付け始める歳に儀式として行いました。室町時代に11月15日と定められたそうです。

 

現在の5歳の祝着は様々な意匠を凝らした羽織袴姿で、カッコ良くも愛らしいですよね。
この祝着を着た姿の素晴らしさが、5歳の祝いが廃れなかった、いや寧ろ盛んになった大きな理由のひとつだと思っています。

七五三を男の子が7歳でするのは大丈夫?

数えの7歳の祝いは女の子が行った「帯解きの儀」が由来です。女児が7歳になるとそれまでの兵児帯などの子供の用の帯から、幅の広い大人用の帯を結び始めました。

ですから、7歳の祝いは女の子の為のものと言って良さそうです。

スポンサーリンク

 

但し、子供の成長には個人差があります。
現代では満年齢で行うことの多い七五三ですが、それでも満5歳では子供によっては小さかったりします。

 

年子やの兄弟姉妹がいたり、双子の姉(妹)がいる場合もあります。
昔は近所への世間体や親戚などの干渉などが重視されましたが、現代は夫婦が主体になって子育てを行う時代です。
ケースバイケースで、柔軟に七五三を祝う年齢を決めても良いのではないでしょうか。

七五三を男の子は何歳でするのが正しいの?

以上の由来からすれば、男の子の七五三は5歳と3歳で行うことになります。

ただ男の子の3歳の祝いは、上で私も私見を述べましたが、現代風の七五三となる過程の時代(明治~昭和)に、男の子は坊主頭が髪形の主流であったためか、定着しませんでした。

それ故、親がやりたいと考えても着物の祝い着の用意が大変です。
3歳用のスーツなども、すぐ成長してしまうことを考えると躊躇してしまいますよね。

 

ただ、両親がやりたい!と思うのなら是非実行して欲しいのです。
男の子だって3歳までは育てるのは大変ですし、可愛い写真だって残したいですよね。
それにお祝いの会を計画して祖父母を呼べば、大層喜んでくれるのではないでしょうか。
写真館などに問い合わせれば、レンタルの素敵な衣装も借りられそうです。

 

5歳のお祝いは男の子をお持ちのご家庭なら、可能であれば是非行って欲しいですね。
七五三の5歳の祝いで羽織袴を来た男の子は凛々しくてたまらなく可愛いです。
もちろん、スーツでも少しだけ大人びて見えて素敵です。

写真を残し、神社またはお寺で成長を願えば、親子の一生の思い出となるでしょう。
それぞれのご家庭が、我が子の無事な成長を願い祝うことが大事なのです。
子供も親や祖父母の愛を受けて、それはこれからもすくすくと育つエネルギーの源となるでしょう。

七五三を男の子が3歳や7歳でするのはおかしい?何歳でするのが正しいの?まとめ

七五三の由来と現代のようなかたちになった経過を考えると、やはり女の子は3歳と7歳、男の子は5歳で行うのが主流だと思います。

ですが、時代は更に進み、個々の考えを尊重される時代になっても来ています。

子供の健やかな成長を祝うという気持ちを大事にすることが何よりも大切なことで、あとはそれぞれのご家庭の考えや、子供の成長の度合いなどとのバランスを取って、良い思い出となるよう工夫されたら如何かと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す