七五三の母親の着物は小紋で大丈夫?柄や色の選び方は?

子どもの七五三は子どもの衣装は張り切りますよね。

可愛い着物を着て記念に写真を撮りたいのではないでしょうか。

ですが、子どもがしっかりとオシャレをするなら一緒に親も着物を着ていきたいですよね。

七五三は人生の中でもたくさんあるわけではないので、どんな着物にしたら良いのか分からないという人が多いのではないでしょうか。

では、七五三のときの母親はどんな衣装を着たら良いか紹介したいと思います。

七五三の母親の着物は小紋で大丈夫?

七五三で小紋を着てはいけないという決まりはないのですが、柄によってはどう見ても日常着にしかならないものは避けた方が無難でしょう。
ですが、江戸小紋であれば略式礼服になるので、七五三に着ていってもいいのではないかという意見もあります。

 

基本的には結婚式でなど親族を呼ぶものではなく身内だけで行うものなのでそこまで難しく考える必要はありません。
きちんとした服装なら小紋でも良いのではないでしょうか。
小紋といってもフォーマルからカジュアルまであるので、フォーマル用のものを着ていけば良いですよ。

七五三の母親の着物の柄の選び方

また、柄で気をつけた方が良いのは桜など季節と合わない柄を選ぶ事です。
七五三は秋なので、秋という季節感と取り入れる柄を選ぶようにしてくださいね。
例えば秋なら紅葉や撫子などがおすすめですね。
派手にならないような柄を選んで着ると良ですよ。

 

また、柄を選ぶときに一番気をつけた方が良い事は主役はあくまで子どもなので子どもの柄よりも派手にならないものを選ぶのが基本です。
いくら柄が良いといっても派手になりすぎないようなシンプルなデザインのものを選ぶと良いでしょう。
また、母親の中には子どもとおそろいが良いと思っている人も多いですが、これも子どもが引き立たなくなるので、おそろいもやめておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

 

これらのポイントにさえ気をつければ後はお母さんの好みの着物を選べば良いです。
七五三に相応しい柄を選ぶようにしてくださいね。

七五三の母親の着物の色の選び方

七五三は子どもの着物が目立つように濃い色合いよりも淡い色合いの着物を選ぶようにします。
例えば淡いピンク、クリーム、水色は明るくて華やかになるので特におすすめです。
もし、少し落ち着いた雰囲気にしたいのなら紫、ベージュ、グリーンなどの色合いが良いでしょう。

 

もちろん子どもが目立っているなら暗い色合いでもダメというわけではないのですが、せっかくのお祝い事なので出来るだけ明るい雰囲気で行きたいですよね。
また、子どもの着物とのバランスを取った色にした方が写真を取ったときにバランスよく映るので写真できちんと思い出を残したいという人は子どもの着物の色とバランスを見て考えるとさらに良いでしょう。
もちろんお母さんに似合う色を着るのが一番なので自分がどんな色が良いか考えておきましょうね。

七五三の母親の着物は小紋で大丈夫?柄や色の選び方は?まとめ

このように七五三のときに着ていく母親の衣装を紹介しました。
七五三は正装をしていくものですが、主役はあくまで子どもなので、チョイスが少し難しいと思います。
せっかくのお祝いなのでお母さんもきちんとした服装で子どもを祝ってあげたいですよね。
そのためには着物はとてもぴったりですよ。

 

また、着物に合わせる小物もとても重要なのでしっかりと選ぶようにしましょう。
例えばバッグやアイボリーやごく淡いピンクなどシックな色合いのものを選んでおくとどんな着物にも合わせやすいです。
また、和服用のバッグがないときはフォーマルバッグを合わせるという方法でもOKですよ。

 

服装とあわせて小物も選ぶようにしてくださいね。
七五三はたくさんあるものではないですが、子どもの成長を祝うとても大事な行事です。
ですので、しっかりと祝ってあげてくださいね。そして、一生に残る思い出作りをしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す