風邪の予防 食べ物は?お肉や発酵食品、梅干しの利点と注意点をまとめました。

%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa
結論から言うと、さまざまな種類の食べ物(栄養)をとるのが良いのですが、
風邪を予防する為に特にとりたい栄養は、タンパク質のほか、ビタミン、ミネラルなどです。

ここでは風邪の予防の為に食べたい
お肉発酵食品のほか梅干しのそれぞれの利点注意点を書いています。

スポンサーリンク

食べると良い食べ物は、
旬の野菜や魚、お肉のほか発酵食品や梅干しなども良いと言われています。

旬の野菜や魚がいい理由は、栄養価も高い物が多く、美味しく食べ物をとる事が出来るからです。
またどんなに体に良い物でもストレスになるとその原因で、免疫力が低下する事もあり得ます。
食べるのがいやでたまらない食べ物があればですが。

風邪の予防 食べ物は何が良い?お肉の役割

お肉には野菜ではとれない栄養が含まれているので、普段から適量を食べる様にすると良いでしょう。私が知っているのはアラキドン酸とセロトニンを体内で生成するのにはお肉を食べる必要があるという事です。

アラキドン酸は免疫力を高める働きをして、ほかにも脳の働きを活発にするとも言われています。免疫力が高まれば風邪を引きにくくなるので、風邪予防の点からも有効です。

足りなくなるとうつ状態になってしまう事もあるセロトニンは体内で生成できない必須アミノ酸「トリプトファイン」を使い生成され、肉類の他、乳製品からもとる事が出来ます
病は気からとも言うとおり、うつ状態になってしまうと心と同じように人の体も乱れ、免疫力が落ち、風邪にかかりやすくなってしまいます。
そういった事もあり、一概にベジタリアンの様に野菜ばかりを食べればいいわけではありません。

風邪の予防 食べ物は何が良い?発酵食品の選び方や取り方

発酵食品
発酵食品の歴史は古く数千年前にワインができてから、人類の生活の中に溶け込んできました。
生ものと比べ長期の保存が出来るため、日本でも味噌漬けなど、多くの発酵食品を食の一部に取り入れてきました。
最近では保存期間の長さだけで無く、免疫力を高める効果があると注目されています。

スポンサーリンク

発酵食品の選び方は、添加物の少なく(無添加が一番良い)、出来るだけ殺菌されてない物で、発酵と熟成をしっかりされている物が一番良いと言われています。

日本にも、醤油や味噌、漬け物など多くの発酵食品があり、食事に取り入れるのは難しい事ではありません。
毎日の食事に、味噌汁や漬け物、納豆を追加するのが良いでしょう。

ただし味噌などは塩分が多いため、あくまで食事全体の塩分量を考え、適度にとる様にして下さい。

スポンサーリンク

風邪の予防 食べ物は何が良い?梅干しパワー

血液がさらさらになる効果があると言われるクエン酸。
クエン酸は主にレモンや梅干しに多く含まれています。
しかしクエン酸には他にも良い性質があり、それは、吸収しづらいと言われるミネラルを吸収しやすくすると言う物です。
なぜ吸収しやすくなるかというと、ミネラルをクエン酸が包みこむ事で(キレート)吸収しやすくしてくれるからです。

そのため海藻などミネラルの含まれる食事をする時に、一緒に梅干しを食べると吸収効率が上がり、ミネラル摂取の助けになります

しかし梅干しには一つ難点があります。
それは上の書いた発酵食品と同じように、塩分が多いと言う所です。
梅干しは10から20%の塩分が含まれており、取り過ぎると高血圧などの原因にもなってしまいます。
健康でいるために食べて健康を害するのでは本末転倒ですので、あなたの塩分をとる量にも寄りますが、梅干しは1日1個を目安に食べるのが良いと思われます。

まとめ

風邪予防のために食べたい食品を書いてきましたが、やはりバランスのとれた食事を日々食べる事が一番です。

「お肉が良いからお肉だけ」といった食生活では栄養が偏り、体調を崩し風邪にもかかりやすくなります。

他にも予防のためマスクを付けられる方も多いですが、それよりも手洗いを徹底する事が重要と言うのが新型インフルエンザが流行した後で言われる様になりました。

手洗いを徹底する事で、風邪にかかりにくい体を目指すだけで無く、ウイルスを取り込まない生活習慣を身につけられると良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す