醍醐寺の紅葉 2016年の見ごろと混雑 ライトアップの情報は?

%e7%b4%85%e8%91%89
日が暮れる時間が、だんだん早くなってきて、

秋の気配が漂い始めたと思えば、また暑い。

そんな日を繰り返しながらも、だんだんと

秋が近づいてきているのを感じますね。

スポンサーリンク

 

そして秋の風物詩と言えば、「紅葉」です。

今回は前回に続き、紅葉のおすすめスポットを

記事にしていきたいと思います。

 

今回の紅葉スポットは、

豊臣秀吉が大規模な改修まで行い開かれた、

醍醐の花見で有名な醍醐寺です。

 

花の醍醐とも言われ、しだれ桜はとても有名で、

花見の季節は多くの人で混雑します。

 

この醍醐寺は紅葉もとても綺麗で、

春は花を咲き誇らせた桜の木も、秋には赤や黄色に色づき、

参道を歩く人々を静かで趣のある情景で包みこむ。

そして下醍醐の弁天堂では、紅葉が池に映り込み、

緑と紅の色彩が、目の前に広がります。

 

 

醍醐寺の紅葉 2016年の見ごろは?

 

今年の見ごろは

11月の中旬から12月の上旬頃と言われています。

スポンサーリンク

住所

京都市伏見区醍醐東大路町22

スポンサーリンク

醍醐寺の紅葉 混雑状況は?

 

少ないという事はありませんが、

桜の季節よりは大分少なく、人の数に対して境内が広いため、

紅葉を見に行ったはずが、

観光客の、姿ばかりが記憶に残るという事は無いでしょう。

 

醍醐寺の紅葉 ライトアップの情報

 

ライトアップされた弁天堂は、

写真で見ても、その綺麗な色彩に目を奪われますが、

ライトアップは旅行会社が貸し切る事も多く、

ある程度近い時期に

電話で直接問い合わせて見なければ分からない

要問い合わせとなっています。
ライトアップを見たい場合は、

旅行会社のツアーを利用するのが

確実のようです。

 

まとめ

 

桜の名所として知られる醍醐寺は、

紅葉の他にも奈良時代に建てられたとも伝えられる、

「古刹」も見どころでしょう。
最後に醍醐寺へのアクセスを記載しておきます。

京都駅から

JR奈良線

↓ ↓

六地蔵駅から地下鉄・東西線へ

↓ ↓

醍醐駅で下車後、徒歩約14分

JR琵琶湖線

↓ ↓

山科駅から地下鉄・東西線へ

↓ ↓

醍醐寺で下車後、徒歩約14分

どちらを使っても降りる駅は同じですので、

その時の状況でどちらかに乗れば良いでしょう。
よい思い出になると良いですね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す