若草山山焼きの時間やスポット、口コミはここ!!

若草山の山焼きは、山の領地を巡るお寺の争いを納めるために、両方の寺の関係者立ち会いの下に焼き払ったと言われています。(最近では領地争いのために焼いたのでは無いと言う話も出ている様です。)

今では古都、奈良の1月の名物として毎年開かれ、燃え上がる炎と空に打ち上がる花火が訪れた人々を魅了します。

ここでは、「若草山山焼き」
時間や日程スポットのほか、独自に集めた口コミを掲載しています。

スポンサーリンク

若草山山焼きの時間や日程は?

若草山山焼きの日程

毎年1月第四土曜日に開かれており、

2017年は28日に開かれます。

※延期の場合は翌日の日曜日に開かれるようですが、行われるのは山焼きと花火のみになります。年により対応が違うかも知れませんので、問い合わせて確認する方が確実でしょう。

花火や山焼きの時間

花火が
午後6時15分頃

山焼きの点火が
午後6時30分頃

になります。

山は点火後数十分から1時間程度燃え続けます。

燃焼の仕方は年によって違い、植物の育ち方や雨がどの程度降っているかなど(植物や土壌の水分量)などによって変わり、延期せずに山焼きを実行したもののあまり燃えなかった年もあるようです。

そればかりは自然が相手の行事の宿命としてあきらめるほかないのでしょうね(>_<)。

若草山山焼きのスポットは?

最も有名なのはもちろん若草山の麓で、炎が燃え広がり夜の空に立ち上る迫力のある山焼きを見る事が出来ます。

他には口コミにもありますが、平城京跡の朱雀門のバックに燃え上がる山が見えるなど、
撮影スポットとしても良さそうです。

若草山の山焼きを見るのが初めての方は、山の麓で燃え上がる炎を見るのが一番山焼きそのものを体感出来て、花火も近くで見られるのでおすすめです。

スポンサーリンク

若草山山焼きの口コミ大公開!!

一面オレンジ色に燃え上がる様子は圧巻
若草山焼きは毎年1月の第4土曜に行われます。
自分は去年、たまたま近くを旅行していたので、ついでに行ってきました。

若草山焼きを見に行って感じたことは、燃える様子が壮大すぎてただただ何も考えられなかったことです。とにかくすごい。

見ている風景が一面オレンジ色に燃え上がる様子は圧巻です。すごさを助長するように花火も打ちあがります。

盛り上がり方がすごいので、自分はその雰囲気に呑まれていました。普段は鹿で有名な若草山ですが、この日だけ違います。

スポンサーリンク

この迫力は伝えきれないので、1月に奈良県に訪れる機会があるかたは一考の価値ありです。

もう一度見てみたい
京都の大文字焼きは見学したことがあったんですが、奈良の若草山焼きは今年の1月に初めて見ることができました。

今年は雨が降ったので山焼きも中途半端だったようですが、それでも冬の夜空に打ち上げられる花火はとても良かったです。
夏の花火と違って、しんしんと冷え込む中で奇麗に広がる花火は格別の感動がありました。

隣り合わせになった地元の人の話では、例年はもっと山全体が燃えるようでとっても壮大なんだそうです。

若草焼きは春の訪れを知らせる伝統的な行事ということですが、今度は天候の良い時にもう一度見てみたいと思いました。

毎年違う場所で見るのがお勧め
毎年1月の第4土曜日に奈良の若草山の山焼きが行われます。
この年中行事は春日大社、東大寺、興福寺の伝える所では、先人の鎮魂と慰霊と奈良の平安を祈るものとされ、18時15分に尺玉300発の花火が打ち上げられ、その後18時30分に若草山に火が放たれます。

燃え盛る炎と火の迫力は、若草山の麓で観賞するのが最善ですが、奈良公園の新公会堂前や春日野園地や飛火野などからも見る事ができます。

また、遠くは平城京跡や薬師寺の南西の大池からも見る事ができ、こちらは若草山が燃え盛るオレンジ色をバックに、朱雀門や三重塔のシルエットを観賞できるのがポイントです。

激しく燃え上がる時間は30分から1時間弱であり、様々なポイントから同日に見る事は難しく、毎年異なる観賞スポットで見学されるのがお勧めです。

心が清々しい気持ちになれる
奈良の若草山焼きは毎年一月の寒い時期に行なわれる、奈良の最大イベントです。

夜空を見上げながら、一面に山が焼かれていく様は、言葉では言いようの無い偉大さと、心のモヤモヤを全部弾き出してくれる様な炎の素晴らしさに感動します。

毎日の生活に疲れている方々や、胸に悩み事がある方々などは是非、若草山焼きを観に訪れてほしいと思います。
嘘の様に心が清々しい気持ちになれると思います。

花火が600発打ち上げられて、奈良の夜空に響き渡ります。山には炎、空には花火とたまらないコラボに又々感動し、その場から立ち去ることができません。来年が待ちどうしいです。

まとめ

冬の澄んだ空に上がる花火や夜空を焦がす山焼きは、美しさと力強さを一日で見る事の出来るイベントです。

開催される日に奈良に行く、行ける方は見に行ってみると新しい思い出が出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す