黒石寺 蘇民祭の日程や由来、事件のほか、口コミも大公開!!

%e7%a5%ad%e3%82%8a%e3%80%80%e6%8f%90%e7%81%af
岩手県奥州市で行われる黒石寺の蘇民祭は、岩手県を中心に各地に伝わり「岩手の蘇民祭」として民俗文化財に選ばれた祭りです。

ここでは黒石寺の蘇民祭
日程由来や事件のほか独自に集めた口コミ(感想)を掲載しています。

どんな祭りか知りたければ、口コミを読むとイメージがつかめると思います。

スポンサーリンク

黒石寺 蘇民祭の日程は?

黒石寺の蘇民祭は旧正月の7日毎年行われます

2017年は
2月3日夜から2月4日の朝7時頃までです。

夜通し行われるのでしっかりと防寒し、最後まで見るつもりの方は事前に睡眠をとっていた方が良いでしょう。

黒石寺 蘇民祭の由来や事件

由来

ある文献によると旅をしていた人間に扮した神が、2人の兄弟に宿を借りようとした。
しかし裕福な男は神を追い払い、貧しい男は快く旅人(神)を迎え、もてなした。

それから数年の月日が流れた頃に再び神が訪れ、自身の正体を明かし、無病息災の作法を男に教えた。

大分要約していますが、この話を元に蘇民祭ができあがったと言われています。

事件

蘇民祭のために作ったポスターの掲示を拒否される出来事があった。

理由は毛の濃い男性が上半身裸でアップになっている構図が不快感を覚えさせるというものでした。
しかしその事がテレビなどで報じられると、蘇民祭への注目が集まり、結果的には大きな宣伝となりました。

そのポスターを見てみましたが、確かに不快に思う人もいるかも知れない、インパクトのある構図でした。

しかし、祭りのイメージには非常にマッチしており、私はとてもいい画だと思います。
眺め続けたいとは思いませんが(^0^;)

スポンサーリンク

黒石寺 蘇民祭の口コミ大公開!!

圧巻で神秘的ですらありました
私は3年程前に黒石蘇民祭を観覧しました。私の地元では裸祭りというのがなく以前からどのようなものかと興味を持っていました。

温暖な地域に住んでいる私としては東北の冬、それもまた一番寒い時期に裸で行進するというのは驚きでした。

調べてみると蘇民祭というのは1000年以上の歴史を持つ伝統的な祭りで、三大裸祭りの一つです。そして実際にその祭りを見ると、彼らが川で行水する姿を見たときなどは圧巻で神秘的ですらありました。

スポンサーリンク

古来から続く祈りの形が現在まで連綿と受け継がれているものを見ることが出来たのは非常に良い経験となりました。また機会があればもう一度見たいと思いました。

私も女子ですが
裸祭りの「蘇民祭」のポスターが、JR東日本での掲載を拒否のニュースが炎上効果で、全国にはだか祭を知らしめました。毛深いふんどし姿の男がむさくて、女子受けしないとかそんな理由でした。

東北の真冬の寒い時期に雪の中をふんどし姿で走り回ったり、水を浴びたり、正直すごいなと思いました。

私も女子ですが、別にポスターがどうのとか感じませんでした。
ただ、激寒い中、雄たけび浴びて、桶の水浴びて、はだか祭命魂の漢を垣間見ました。

観光客もこんな寒いなか震えながら見学。はだか祭マニアなのか、ただの興味本位なのか、よくわかりません。寒かったですが、血沸き肉踊りました。

防寒せずに長時間の祭り見学は厳しい
日本三大奇祭の一つとして有名な黒石寺蘇民祭は、裸の男同士のぶつかり合いと熱気で2月というもっとも気温の低い厳冬の時期に行われる祭りでした。

祭り自体は、夜10時ごろから始まるので夜7時ぐらいから黒石寺のほうへ向かいました。
しかしその時点でもう身動きできないほどの大混雑ぶりで、もう少し早めの時間に到着すべきだったと思いました。

夜中から明け方にかけてのお祭りなので、気温がぐんぐん下がり、かなりしっかり防寒をしていないと氷点下の気温のなかで長時間の祭り見学は厳しいです。

メインの蘇民袋争奪戦は朝5時からなので、そこまで見届けることなく夜中1時に会場を後にしました。次回は是非激しいぶつかり合いの争奪戦を見たいですね。

子供連はやめた方がいいかも
数年前に1度黒石寺の名前を耳にし見に行ったことがあります。
無形文化財と聞いたので古くから伝わるお祭りなんだろうなと楽しみにして行きました。

しかしお祭りという様な雰囲気ではなく少し異様な感じに思えました。
男の方達がほぼ全裸に近い状態で低い声で駆け回りちょっと怖い気がしますが、1つ1つが意味があるのだと思います。

それから紫燈木登りなるものを見て宿に帰りました。祭り自体が夜中から朝方にかけてあるとは知らずさすがに夜通し見るのはキツイかもしれません。

そして人も大勢いて押されたりするので子供連れではやめた方がいいかもしれません。

まとめ

岩手県奥州市の黒石寺で行われる蘇民祭は、屋台の並ぶ普通のお祭りとはかなり違い、
「奇祭」とも言われています。

いつもの祭りとは違う奇祭を見てみたいという方は見に行ってみると、強烈なインパクトに何かが壊れるかも知れません。
壊れると言っても悪い影響は無いと思いますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す