湯島天神梅まつりの期間や見頃、出店や混雑状況ほか口コミもここ!!

%e6%a2%85%e3%81%ae%e6%9c%a8
東京、湯島天満宮で毎年開催され、
梅の花を見るだけで無く、出店や野点なども楽しむ事ができる
「湯島天神梅まつり」

ここでは湯島天神梅まつりの、期間頃見のほか出店混雑
アクセスなどの感想と口コミも掲載しています。

祭りに行かれた方の感想を多く掲載していますので、
状況や雰囲気を読む事が出来ます。

スポンサーリンク

湯島天神梅まつりの期間や見頃は?

梅祭りの期間は、
例年2月上旬から3月上旬
で、

見頃の時期は、
2月の中頃から
となっています。

見頃の時期は、気温の変化などで変動するため、
祭りに行く前に事前に問い合わせて確認されて下さい。

お問い合わせ先
03-3836-0753
「文京梅まつり実行委員会」

湯島天神梅まつりの出店は?

出店は大規模と言うほどでは無い様ですが、種類は豊富で甘酒などもあるようです。

口コミからすると日によって出店の数はちがうようで、
土日など人出の多い日に行った方が多く出ているのでしょう。

出店の口コミ

口コミ1口コミ2口コミ3口コミ4
湯島天神の参道沿いに出店がぎっしりと並んでいます。こういったまつりに欠かせない出店メニューはなんでもありました。焼きそばお好み焼き、イカ焼き、焼きとうもろこしからスイーツ系まで全てを網羅しています。
たくさん出店しています。月並みなものばかりではなく、甘酒や酒まんじゅう、地方物産ものなど豊富で目移りします。
境内から本殿までの参道に出店が多く出店しており、多くは暖かい食べ物を提供するお店でした。
甘酒、フランクフルト、綿菓子など。あまり大規模ではなかったです。

湯島天神梅まつりの混雑状況やアクセスは?

混雑状況
梅の名所と言う事もあり国内だけで無く海外からの旅行者も訪れ、
見頃の時期は非常に混雑します。

混雑を避けたい場合は入園の開始時間に入る様にすると、
混雑をある程度避ける事が出来るでしょうが、

午後5時頃からのライトアップされた梅を見られる時は、
混雑は覚悟した方が良いでしょう。

混雑状況の口コミ

口コミ 1口コミ2口コミ3口コミ4
2月から3月初旬が梅まつり開催期間ですが梅まつり終盤の2月下旬に訪れた時には、身動きが取れないぐらいの大混雑ぶりでした。外国人観光客の姿も目立っていました。
日が沈んでからは混雑していなかったが、朝はやや人が多かったです。ですが、移動がし辛いほどではありませんでした。
日曜ということで混雑はしていましたが、身動きが取れないということはありませんでした。
人出が多く、駅から非常に混雑していました。

アクセス

湯島天神梅まつりの開かれる湯島天満宮の近くの駐車場は、
駐車可能台数が数台と小規模な駐車場で、
梅の見頃の期間中は満車になってしまう事も多い様です。

車で祭りへ行くと駐車場探しの旅となってしまう恐れもあるため

公共交通機関の利用をお勧めします。

スポンサーリンク

東京メトロ千代田線の湯島駅が、徒歩数分とおすすめです。

口コミ 1口コミ2口コミ3口コミ4
東京メトロの千代田線の湯島からが最も近く徒歩2分ほどで湯島天神に到着です。

しかし3月の最も混雑している時期に行ったので地下鉄の出口から湯島天神まではものすごい人ごみで人の波がそのまま現地に向かっている感じでした。

非常にのろのろとした歩みになり、結局20分ぐらいかかってしまいました。

駅から十分に歩いていける距離なので、アクセスはしやすいのではないかと思います。
湯島天神の最寄駅は東京メトロの湯島駅で、徒歩2分と非常に近い場所にあります。
最寄り駅の湯島駅からは徒歩5分もかからないでしょう。
スポンサーリンク

湯島天神梅まつりの口コミ(感想)大公開!!

口コミ 1口コミ2口コミ3口コミ4
湯島天神自体が都心部にあるので、その混雑ぶりは想像以上でした。車よりも地下鉄が断然便利なのでアクセスは非常に楽です。ただ地下鉄駅から地上に上がると、湯島天神までは長い行列で驚きました。湯島天神の境内までなんとか進むと、そこには薄ピンクや、やや白がかった可愛らしい梅の花が咲き誇っており、ふんわりと梅の花の香りが漂って初春の雰囲気を堪能することができました。夕方5時ぐらいからはライトアップされるので、またそれも幻想的な雰囲気で素敵です。一ヶ月に及ぶまつり期間中は様々なイベントも開催されるので前もってホームページで案内を確認しておくと良いと思います。
日が沈んでからは梅がライトアップされていてとても綺麗です。夜は人もそこまで多くなかったのでゆっくりと見ることができました。綺麗な梅の花と香りに癒されます。昼間はやはりそこそこ人が多いですが、露店が出ているので甘酒などの温かい飲み物を飲みながら境内をまわるのもいいと思います。狭い所なのですぐにまわり終わります。入場料も無料なので気軽に行ける所もいいです。1つだけ気をつけた方がいいのはトイレです。神社の近くにあるトイレはトイレットペーパーが用意されておらず、不便でした。自分で用意しておくか事前に済ませておくことをおすすめします。
湯島天神は初詣のときのみ混雑する他の神社とは違い、菊まつりと梅まつりの際もとても賑やかで素敵な神社です。特に梅まつりの時期は、学問の神様と呼ばれる菅原道真公を祀る湯島神社ですから、合格祈願の絵馬であふれている中に白梅が咲き誇り、とても美しいです。食べ物の屋台が豊富であることと、毎年様々な催しものがあること、そして徒歩圏内に不忍池や上野動物園もあるので何度訪れても飽きることなく楽しめるのでお得なスポットだと思います。1つ挙げるとするならば、ツアー写真などで見かけるよりは若干規模がこぢんまりとしているかな?というくらいでしょうか。
菅原の道真を祀る湯島天神では、道真公が愛した梅の花が咲く2月初旬から1ヶ月ほど「湯島天神梅まつり」が行われています。土日に行くと様々なイベントが開催されていて、私が訪れた時には講談や太鼓が行われていて活気にあふれていました。
また、境内には他では見ることが出来ないような様々な種類の梅が植えられており、配られていた梅こぶ茶をすすりながら鑑賞していましたが美しくて飽きなかったです。その他にも境内には屋台が数多く出店していることから、小腹が空いたら買って食べながら梅を楽しむことも出来ます。
2月ということでまだまだ寒かったですが、目の保養になり行って良かったと思いました。

まとめ

これから徐々に春がやってくるのを感じさせてくれる梅の花。

まだまだ寒い時期ですので、服装や防寒には気をつけて行かれて下さい。

満開の梅の花に、一足早い春の訪れを感じられると良いですね。

スポンサーリンク

コメントを残す