函館海上冬花火の日程や時間、混雑やアクセス、出店ほか口コミもここ!!

函館海上冬花火は2014年に始まった、比較的新しい冬の花火大会です。

函館の澄み切った空に上がる花火は、非常に鮮やかで、
寒い冬の時期しか見る事の出来ない美しい花火です。

 

ここでは、函館海上冬花火の日程時間混雑アクセス出店などの情報ほか、

実際に行かれた方の口コミも集めています。

口コミだけで無く混雑やアクセス、出店などの感想もありますので、参考にされて下さい。

スポンサーリンク

函館海上冬花火の日程や時間は?

函館海上冬花火は

2月の上旬に行われ、

時間は午後7時40分から約20分間です。

詳細は公式ページが更新されていますので、こちらをご覧下さい。
函館海上冬花火公式サイト
↑    ↑    ↑

函館海上冬花火の混雑やアクセスは?

混雑

2014年に始まった函館海上冬花火は開催から数年が経ち、今では人出も多くなっているようです。

しかし下の口コミにもある様に、事前に問い合わせなどで比較的混んでいない日や、

花火の見られる穴場を調べておくと、人混みにもまれずに花火を見られるかも知れません。

混雑の感想

感想 1感想2感想3感想4
函館の冬の大イベントなので県内外からの観光客が相当数押し寄せている感じです。イベント期間中は大混雑です。特に花火が始まる夜7時に合わせて2時間前ぐらいからごった返している状態です。
空いている箇所を事前に調べておいたため混雑はありません。ただし電車はとても混んていました。
雪もあるため、それほど混雑した印象はありませんでした。
確かに混んではいましたが、人気の証ですね。

アクセス

函館駅から徒歩で数分の距離にあるので、公共交通機関の利用がお勧めです。

車で行かれる場合は、花火大会の駐車場は無く有料駐車場の利用となります。

駐車場の数はそこそこありますが、一カ所では無く広く点在しているので、

駐車場探しに手間取る恐れがあるため、公共交通機関の利用をお勧めします。

アクセスの感想

感想 1感想2感想3感想4
函館駅から会場のメインエリアまでは徒歩10分かからないぐらいで車なしでもアクセスできるので非常に便利でした。
函館駅からのアクセスは良く5分ほどで打ち上がる場所にたどり着ける距離です。
函館駅から近い場所ですので、徒歩でもアクセス可能です。
駅から近いので、とても便利でした。
スポンサーリンク

函館海上冬花火 出店は出てる?

メインエリアのフードブースにはさまざまな食べ物が売られており、

他の主な観賞スポットにも移動式のお店があるようです。
年によって出店するか、出店場所も変わる事があると思われます
(事業主さんしだいです)

混雑を避けて穴場から見る場合は何か食べたいのなら早い時間に行き、出店を利用してから移動するか、出店はあきらめ何か途中で買っていくなどした方が良いでしょう。

屋台の感想

感想 1感想2感想3感想4
摩周丸そばのメインエリアにフードブースが設置されています。

たこ焼きや、焼きそばはもちろん、あたたかい汁物も美味しかったです。
甘いクレープ屋台もありましたし北海道の海の幸をふんだんに使った屋台もありました。

スポンサーリンク

グルメの街函館にふさわしい充実した出店です。

いくつか移動式のお店が出ており定番のたこ焼きを食べました。
移動販売車での買い物はランドに行ったような雰囲気があって良かったです。
メニューはもっとあっても良かったとおもいます。
飲食店は利用しませんでしたが、函館国際ホテルを利用し、ホテルから鑑賞しました。

函館海上冬花火 口コミ大公開!!

想像以上に

函館には五稜郭や異国情緒あふれる元町などの観光スポットが数多くあります。
その中でも一度は見てみたかったのが海上花火でした。

真冬の函館はとても寒く慣れない雪の中でしたが見ることができとても満足でした。

花火と言えば夏の風物詩ですが雪景色とともに打ち上がる花火は圧巻です。

今までに体験したことのない世界が広がり改めて函館にきて良かったと実感できました。
冬の空気の澄み具合が良いのかとても綺麗でした。

今まで観てきたどの花火よりも鮮明に見えました。とにかく寒いので防寒対策は万全にすることをお勧めします。想像以上に寒かったです。

味がありとてもきれい

当日は吹雪の中での花火でしたが、それも味がありとてもきれいでした。

もちろん吹雪いていないと冬は特に空気が澄んでいて空がきれいに見えるので、もっときれいに見ることができたのかもしれません。

函館国際ホテルのお部屋からであれば、暖かいところから花火を楽しむこともできるかと思います。

私は国際ホテルの近くで鑑賞しておりましたが、やはり寒さもありますし、吹雪いていたこともあるので、家族連れよりも、寒さの中で手をつないで寄り添いながら花火を楽しむカップルが目立ちました。

時間は夏の花火より短時間となりますので、見逃さないように時間を確認してお出かけすることをお勧めします。

ベストスポットから見ると

函館港の海上できらめく冬の花火が楽しめる大イベントです。
2月初旬の花火大会のイベント期間中は毎日2千発前後の大輪が花開きます。

海上で打ち上げられるので海面に花火の光が反射されて本当に美しいです。

元町公園や西埠頭からの見学がベストスポットだと教えてもらったので西埠頭から見学しましたが、確かに打ちあがる花火が障害物なくはっきりと良く見えたので存分に楽しめました。

時間にすると30分ぐらいの短い花火の打ち上げですが、それでも寒さでピンと張り詰めた空気の中に上がる花火の色はより一層鮮やかに感じ、良い思い出になりました。

観る価値十分

函館市内のイルミネーションとコラボレーションするような形で、2000発くらいの花火は観ていてとても壮大でした。
澄み切った冬の夜空に広がる彩りは圧巻です。

身が引き締まる寒さを我慢して観る価値は十分にあるとおもいます。

打ち上げ前の会場近くにフードサービスのコーナーが多くあって、寒さを凌げる食べ物やドリンクもありがたいです。

さすがに土日は多くの人で混雑していますが、動きが取れないというほどでは無かったとおもいます。

他には、フォトコンテストが開催されていました。旅行券等の商品もあったので応募してみるのも楽しみの一つになるとおもいます。

まとめ

冬の函館の空を彩る鮮やかな冬花火は、空気も澄んでいるため非常に綺麗に見えますが、

冬真っ只中の函館ですので、服装や防寒対策(カイロなど)を万全にされて行かれて下さい。

悪天候の時は延期や中止になる事が予想されますが、口コミでは吹雪いていたとの話もあります。

くれぐれも天候には気をつけられて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す