引越しの荷造りのコツやいつからどういう順番ですれば良いのか知りたいならここ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

引越しを予定している時には、引越し業者に作業の全てを依頼する方法がありますが、

高額な引越し費用を請求されてしまうため、コストを下げるためにも

自分でできる作業をやっていくことが重要となります。

ここでは引越しの荷造りコツや、いつから始めれば良いのか、
荷造りの順番などを掲載しています。

引越しの準備が終わらないなどという事にならない様に読んでおきましょう。

特に梱包作業に関しては、引越しの当日より前の段階から作業を進めていけばスムーズに引越し予定日に作業を開始することが可能となります。

スポンサーリンク

引越しの荷造り コツは?

引越の作業は、家の中にある家具や家電製品を全て新居に移動する作業です。

その為、全ての物を移動しやすいように段ボール箱に梱包したり破損しないようにクッション材を入れながら袋に詰めていく作業になります。

この作業をする際には、引越し後の新居でも使う物であるか考えながら作業する事が大事です。
押入の中や、タンスの中などをチェックすると数年間全く使っていない物が必ずあるはずです。
いつか使うかもしれないと置いているものが意外と多くあるはずなので、これを使う物と使わない物に整理します。

この段階で不要な物を思い切って捨てる事が重要となります。
現在の段階で使っていない物が将来的に必要となる可能性は低くなります。
新居に移動する物を減らしておくことで、引越しの作業量を大幅に減らす事ができます。

生活をしていると自然に押入の中に入れていく物が増える傾向があるので、
新居にて生活を始める前の段階で物を減らしておくと、新しい物を購入しやすい状態にできます。

粗大ゴミとして処分する物があれば、粗大ゴミの回収日を確認して、
引越し前の段階で処分を終わらせる必要があります。

スポンサーリンク

引越しの荷造りはいつから始める?

まず、引越しの荷造りをする時期は二週間前あたりからやり始める必要がありますが、
毎日作業ができないのであれば一月以上前の段階から作業を開始します。

引越しの荷造りをする時に最も時間がかかってしまうのが、割れ物の梱包となります。
お皿やコップ、陶器のお茶碗やどんぶりなど、全てを段ボール箱に入れただけでは、
トラックの荷台で衝撃が伝わっただけで破損する可能性が高くなります。

その為、全ての陶器がお互いに接触しないようにするために新聞紙などで包んでいく作業が必要となります。
新聞紙だけでは足りないので、それぞれの間にあんこを作ります。
新聞紙を丸めた物であったり、市販されている発泡スチロール製品のクッション材を差し込む対策が必要となります。

これらの作業するために、プチプチシートと言われる衝撃吸収に優れるシートを使用すると
スムーズに作業ができるため、ホームセンターなどで購入して準備しておくことです。

スポンサーリンク

引越しの荷造り 順番は?

まず、使っていない物を先に梱包していきます。
季節的に使用する可能性がない衣類であったり、季節外れの家電製品。
そして、キッチンの戸棚に入っている大きなお皿やグラスなどです。

引越しの前日まで使わない順番で梱包していけば、
生活のリズムを保ったまま引越しの準備を整えることができます。
そして引越の前日には、毎日使用する食器や衣類なども全て梱包して、引越し当日に備えます。

まとめ

引越し当日には多くの人が作業を分担する事になります。
その為、段ボール箱に梱包した物がどこに移動するべき物なのか分からないと
作業効率が大幅に落ちてしまうので、荷造りをする段階でマジックで中に入ってる物を書いておきます。

この時、新居においてどこの部屋に置くべき物なのか記載しておくことで、
誰が見てもすぐに作業を開始することが可能となります。
このような気配りをしておく事で、引越しの作業がスピーディーに完了できるはずです。

荷物をまとめて置いておく時には、引越し先で荷物を下ろす順番に段ボール箱を揃えておくことも重要です。
最も玄関から遠くの部屋に下ろす箱を最後にトラックに積むような段取りにしていくと、
引越し作業の当日に、手前に邪魔な物がない状態で荷物を各部屋に配置しやすい状態で作業ができます。”

スポンサーリンク

コメントを残す