引っ越しの準備はいつから?業者の選び方と捨てずに残しておいた方が良い物とは!!

引っ越しをしなければいけなくなったり、新生活などを機にこれから引っ越しについて考えていこうと思ったりしている方も多いのではないでしょうか。そんな引っ越しに備えて必要な準備についてご説明していきます。

このページでは引っ越しの準備はいつからすれば良いか、引っ越し業者の選び方、引っ越しをする際に処分せずに残しておいた方が良い物などを書いています。

スポンサーリンク

引っ越しの準備はいつからするべき?

まずは引っ越しの準備はいつからするべきなのかお教えします。

基本的には2ヶ月から1ヶ月半前ぐらいから始めるようにしましょう。引っ越しの準備は早く始めるに越したことはありません。

 

ではなぜ最低1ヶ月半は必要なのでしょうか?

まず引っ越しするにあたって必要な事項は、スケジュールを決める、

そして新居を決めて引っ越し業者を手配すると行った順序で行うのが一般的です。

まずは引っ越しのスケジュールとしてはもともとの家の大家さんには1ヶ月前ぐらいまでには退去の意思を伝えないといけません。

なので最低でも1ヶ月半前までには大体の日取りは決めておかなければなりません。

 

また重要なこととしては新居を早いうちに決めておくことです。

当たり前ではありますが住む場所を決めるのが一番重要です。

 

次に引っ越し業者を決めます。

いつ引っ越すかのスケジュールがわからなければ大家さんも困ってしまい電気や水道をいつまで利用するかもわからないので最優先事項としては新居決め、引っ越し業者探しを2ヶ月前ぐらいには行っておきましょう。

スポンサーリンク

引っ越し業者の選び方

先ほどで早めに決めておきたいと言った引っ越し業者でありますがどのような会社が良いのかわかりませんよね。

そこで引っ越し業者の選び方のコツについて伝授します。

スポンサーリンク

 

ます引っ越し業者を選ぶにあたって必要なことは引っ越し代金の相場を知ることです。

それを知らずに選んでしまうと高くなってしまったりといった金額のトラブルが起こってしまいます。

一見相場がわかりにくい引っ越し業界なのですがきちんと無料見積もりなどを行い、たくさんの業者を比較したりして本当に見当たったお値段なのかを確かめていきましょう。

 

次に大事なこととしては自分のしたい引っ越しプランを考えて、大手企業の引っ越し会社で安心したいのか、とにかく安く費用を済ませたいのかなどといったものを明確にしておきましょう。

 

引っ越し業者を選ぶということは値段に重きを置いて適切なお値段で出来るのかということも大切ですが自分の要求するものにちゃんと見合っているかどうかといったことも大切となってきます。

引っ越しをする際に残して置いた方がよいもの

最後に引っ越しをする際についつい捨ててしまいがちでありながらも捨ててしまうとのちに困ってしまい、残して置いた方が良いものについて少しご紹介していきます。

 

それはカーテンです。新しいのを買えば良いと思いがちかもしれませんがカーテンは捨ててしまわない方が良いです。

旧居と新居に行った時のカーテンのサイズが仮に合わなくてもカーテンは外からの目隠し代わりになるので取っておきましょう。

 

もう1つは新聞紙です。まずは新聞紙があれば割れ物があるときに包むことができるからであります。

更に透明の衣装ケースに衣類や下着などを入れなければいけないときにそれらを新聞紙でくるんでしまえば隠すことができるからです。

またダンボールの隙間に新聞紙を詰めておけば緩衝材として荷物を運ぶ際などにも役に立つこともあります。

そういうわけで身近なものではありますが新居に着くまでは一応置いて置いた方が良いでしょう。

まとめ

これらのことから引っ越しをするにあたっての大切なことがわかりました。

引っ越しは突然決まってしまうこともあろうかと思いますのでその時のためにも引っ越しに対する知識は知っておいて損はないと思われます。

自分の納得のいくお引っ越しができるように心がけましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す