大掃除はどこから いつやれば良い?網戸の洗い方や便利グッズのご紹介


一年の汚れを落とし、新年を綺麗に迎える為の年末大掃除。
日頃から掃除をしていても棚の上の埃や、風呂場のカビなど、隅々まで綺麗にするのは時間的に難しい物があります。
そして普段掃除をあまりしない方は、散らかった部屋を見て、どこから手をつけて良いのか分からない。そんな状態になるかもしれません。

「今年はもういいや」となる前に、一度掃除の基本や、掃除のやり方を見てみたらどうでしょう。

大掃除をどこから、いつからすれば良いのか?
面倒な網戸の洗い方や、便利な掃除グッズなどを、提案、ご紹介します。

最初に「新年を綺麗に迎える」と書きましたが、
普段から綺麗にしてるし、特に大掃除をする必要はないと思う。
他にしなくていけない事が多くて手が回らない。
と言う場合も、後回しにしても構わないと思います。

それでも、いつもの掃除より綺麗にしよう。
ここが特に汚れて綺麗にしたい、
という時にはお役に立つと思います。

スポンサーリンク

大掃除はどこから?いつするのが良い?

大掃除はいつするかという決まりはありません。
中には11月の初めには取りかかり、空いた時間に少しずつ掃除を進める方もいます。
余裕を持って大掃除をしたいのであれば、早めに取りかかると良いでしょう。

大掃除はどこからする?
まず手をつけるべきなのは、不要な物の処分でしょう。
部屋に空き缶が転がっているのは、言わずもがな。
普段から気をつけていないと、いつ使うとも分からない物が増えてきますよね。

いつか使うかもしれない。いつかまた読み直すかもしれない。
などと、不要な物をためてはいませんか?

そういった物は、塵も積もればと言うよりも、石も積もればと言えるほど、部屋の面積を圧迫する事もあります。
本などをよく読まれる方は、本棚からあふれた本が、石垣ならぬ、本垣を形成する。と言った事を経験した事があるかもしれませんね。

そこまでは行かなくとも、収納スペースからはみ出した物が、多少はあるのではないのでしょうか?

そういった物を、本当に必要か、捨てるべきなのかを考え、
自分にとって不要な物を捨ててしまうと、
思った以上に、部屋が綺麗になるかもしれません。

ポイント1
自分にとって不必要な物を捨てる。

不必要な物を捨て、ゴミがなくなったら、掃除の開始です。

掃除の基本として、上から下へを心がけましょう。
まず床から掃除したくなるかもしれませんが、床から掃除すると、
天井付近を掃除した時、これまで綺麗にした場所に埃が落ち、
一度綺麗にした場所に、また汚れが広がる事になります。

スポンサーリンク

ポイント2
掃除は上から下へ

部屋が何部屋もある家にお住まいの方は、部屋ごとに。
ワンルームや1Kにお住まいなら、区画分けをして、掃除されると、
掃除の進み具合が分かりやすく、管理がしやすいでしょう。
特に何部屋もある家の場合は、一度に全体をしようとすると、
日をまたぐ事が多くなりがちです。
そして、色々な物を動かしたのはいいが、どうも収まりがつかず、
明日からは仕事のため、戻していくのに精一杯。
そんな経験がある方もいるのではないでしょうか?
そうならないために、多少面倒でも、部屋ごとに掃除をされる事をおすすめします。

ポイント3
部屋ごと、区画ごとに掃除を終わらせる。

スポンサーリンク

大掃除 網戸の洗い方は?

網戸の洗い方
網戸は、掃除機で埃を吸い取ってから拭くのがおすすめです。
網戸を拭く時は、片側から拭くのではなく、二つのスポンジなどで、挟み込むようにして
軽くたたくように拭いていきます。
ぞうきんを使っても良いですが、ぞうきんから出る糸くずが網戸に付着してしまう事があり、結果として網戸に埃を付ける事になってしまいますので、屑のでにくいスポンジなどを使うのがおすすめです。

網戸の汚れがひどい、もっと綺麗にしたいという時は、
網戸を外し平らなところに置いた後、家庭用中性洗剤をつけたスポンジで拭くと、
さらに綺麗になります。

大掃除グッズのご紹介

ガス抜き機
多くの自治体では、捨てる前に使い切ったカセットボンベやトイレの芳香缶などのガス抜きを義務づけています。
しかし可燃性の缶をナイフなどで叩いて穴を開けると、ごく希に叩いた祭に出た火花にガスが引火し、爆発する事もあり危険です。
大掃除でなくても普段から使える物(必要な物ですので)お持ちでなければ、一つ手元に置いておく事をおすすめします。
ダイソーでもおいてある店舗もあります。
※注意
中身が吹き出し危険ですので、ガスが残ったまま使用しないでください。

メラミン系スポンジ
有名なげき落ち君などのスポンジ。
水垢などもよくとれます。
※注意
メッキの施された物に使うと、メッキがはげてしまう物もあるようです。

ココマジック
落ちにくいでんぷん、タンパク、油汚れなどにも強く、抗菌防臭効果もあるスプレー型の洗剤です。
体にも優しい天然の素材を使用しています。

まとめ

何かと面倒な大掃除ですが、部屋を綺麗にするとすがすがしい気持ちで、
新しい年を迎える事が出来るでしょう。
年末に一気に掃除しようとはせず、徐々に、一部屋、一区画ずつ掃除していくと
どこを掃除すれば良いのか、どこを掃除したのか、分からなくなる事はないでしょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

よいお年を。

スポンサーリンク

コメントを残す