引っ越しの荷造りの順番やコツ、荷造りをテキパキ終わらせる方法は?

引っ越しをお考えの方は多く居られるかとは思います。

そんな引っ越しをする際に最も時間がかかるといっても過言ではない作業が荷造りです。

そんな荷造りの順番やコツなど、スムーズに行うためにも知っておいた方が良い情報についてをまとめてみました。

スポンサーリンク

引っ越しの荷造りの順番は?

 

荷造りは引っ越しの3日前までには終わらせておきたいものです。

 

そんな中で効率よくできるように順番に荷造りを行うことをオススメします。

そんな荷造りにおいて一番先にダンボールに詰めるものは季節ものなどのクリスマスツリーや

一年においてその時期一回しか使用しないだろうといったものは早めにしまっておきましょう。

そのようなものであれば1ヶ月程度ダンボールの中に入っていても問題はないでしょう。

またスノーボードなどのスポーツ用品などもつかうよていがないのであれば早めにしまいましょう。

 

次に滅多に使わないだろうといったものを詰めましょう。

例えば読まない本やDVD、パーティードレスなどのあまり着ない服、出番の少ない調理器具などが挙げられます。

その次はたまに使うものです。これは自己判断で決めるしかないので少し頭を使いながら慎重に決めていきましょう。

たまにつかうものであれば1週間前ぐらいからダンボールに詰め始めてしまっても問題はありません。

もし心配であればダンボールを開けたままにしておくことも可能でしょう。

 

最後にしまうものとしてはよく使うものや毎日使う食器や調理器具、よく着るお洋服などが挙げられます。

それらはどうしても必要なものでありますからダンボールにしまうのではなく最後の最後に詰めてしまった方が後から探したりする手間もかからないのでオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

引っ越しの荷造りのコツ

ここでは引っ越しの荷造りのコツについてをご説明していきます。

大まかなコツとしてはダンボールが重くなりすぎないようにすることです。重すぎるダンボールは新居に着いてから運ぶのも大変です。

そんな重すぎるダンボールを作らないためのコツとしては重いものと軽いものを均等になるように詰めていくことです。

重すぎるダンボールを作らないためには部屋ごとに荷物をダンボールに詰めていきましょう。

同じ部屋でダンボールを分けてしまえばクッションなどの軽いものと本などの重いものを一緒に入れても

新居に引っ越してからは同じ部屋になるので問題ありません。

 

そしてついつい重くなってしまいがちなものの例としては本が挙げられます。

本は大量に詰めるのではなくダンボールに詰める量は二分の一までに抑えるようにしましょう。

引っ越しの荷造りをテキパキと終わらせるには…?

早く荷造りを終わらせてしまうためには本当にいらないものは新居まで持ち込まずに捨ててしまうことです。

そうすることで詰める荷物の量も減ります。要らないであろうものとしてはもう読まないであろう本やCD、DVDなどが挙げられます。

またその他にも電化製品も挙げられます。電化製品は引っ越しの際に手間になるものが多いために

現地に着いてからこの機会に新しいものに買い換えてしまうことも1つの手であります。

それらのものは捨ててしまって最悪欲しくなってしまってもまた買うことができるからです。

最近では断捨離なども重要であると言われてきているためにせっかくの引っ越しというチャンスを使って、

本当にいるかどうかの選別をすることは非常に効果のあることでしょう。

まとめ

これらのことから引っ越しの荷造りに必要なことがおわかりいただけたでしょうか。

新居に着いてからもスッキリとした生活を送るためにも是非荷造りの段階で工夫しておいて、

早く新居での新しい暮らしを始められるように努めましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す