お燈まつりの日程や混雑、アクセスや出店のほか口コミはここで!!

 

和歌山県新宮市の神倉神社で行われるお燈まつりは

国の重要無形文化財にも指定されている勇壮な火祭りです。

 

祭りそのものは娯楽のためと言うよりも神事としての性格が強いため、

わいわい楽しむと言うよりも、行事に参加するか、

勇壮な祭りを見物するのが主な目的になるでしょう。

 

ここでは和歌山県新宮市の神倉神社で行われるお燈まつりの

日程や混雑、アクセスや出店の情報、口コミを掲載しています。

 

出店の立ち並ぶお祭りとは違う「お燈まつり」は、

昔から続く伝統を肌で感じる事ができるため、

機会があれば一度は見たい行事です。

 

神倉神社の周辺情報などを知りたい方はこちらも便利ですので、見てみるのをおすすめします。

楽天たびノート 神倉神社や周辺の情報
↑ クリック ↑

スポンサーリンク

お燈まつりの日程や混雑は?

日程

勇壮な火祭りであるお燈まつりは、

和歌山県新宮市の神倉神社で毎年2月6日の午後7時30分過ぎから

火が灯された松明を持った人が階段を駆け下りる様子が見れます。

 

休日に合わせ行われるわけではありませんので、

見に行ける年が限られる方も多いでしょう。

 

2021年までは平日の開催となりますので、

遠くから見に行くには仕事を休む事が必要になる方も多いでしょうが、

興味のある方は休みの取得なども考えてみてはいかがでしょう。

混雑

平日に開催される事が多いですが、見学する方も多く混雑しています。

混雑を避けたい方は

階段を駆け下りる人々の持つ火の付いた松明が連なる様子は、

神倉神社の階段から離れた場所の方が見やすいので、

日の明るい内に神社の階段が見える場所をいくつか調べておき、

人の少ない所で見物するのが良いでしょう。

混雑の感想
感想1感想2

見学者が多いことから神倉神社周辺は非常に混雑しており、無料駐車場も埋まってしまうので近隣の駐車場を探すか、電車で来る方が確実だと思います。

人が多くて混雑していました。アクセスも車で行くと分かりやすいです。

お燈まつりのアクセスや出店は?

アクセス

混雑の感想にもありましたが、無料駐車場は満車になってしまう事もありますので、

車で行かれるのであれば、周辺の駐車場を調べた上で行かれた方が良いでしょう。

 

JR新宮駅から1キロちょっとの距離で、徒歩15分前後で神社まで行けますので、

駐車場に止めれるか不安な方は電車を利用する事をおすすめします。

出店

出店は少し出ていたという方もいます。しかし規模が小さく、

スポンサーリンク

見つける事が出来なかった(特に探してはいなかった)方もいる様ですので、

食事などは事前に済ませて行かれた方が良いでしょう。
出店の感想

感想1感想2

出店などは出ていませんでした。

少し出ていました。松明も売っていました。

スポンサーリンク

お燈まつりの口コミ大公開!!

⬇クリックで開きます⬇

日本最古の火祭り

和歌山県新宮市で開催される「お燈まつり」は日本最古といわれている火祭りです。

祭の内容は白装束に身を包んだ2000人もの「上り子」が手に松明を持って、538段の石段を一気に駆け降りるというものです。

この一斉に降りてくる松明の姿は炎が連なった龍のように見えて迫力満点です。

また、男性ならば地元の人だけでなく観光客も参加することが出来る点が大きな特徴となっており、松明が連なっている姿を写真撮影したい場合は、神倉神社から離れた場所からの方が撮影しやすいと思います。

一般的なお祭りのように出店や祭囃子といった騒々しさがなく、静けさの中で行われるお燈まつりは熱気と迫力に包まれて見応えがありました。

伝統を受け継ぐ

昔に1度旅行で訪れた時に見に行きました。男の人ばかりでみんな独特な格好をして熱気に溢れていました。

大きい松明に火がつけられ、みんなその大きい松明から自分の持っている松明に火をうつして足場の悪い石の上を走っていました。

少し離れて見ないと火の粉が飛んでいるので少し怖かったです。

見る方もなるべく端によけないといけないのですが狭い所に見物客がいるので少し窮屈でした。でも間近で見られるのですごい迫力でした。

昔から行われているお祭りらしいのですがその伝統を受け継いで続けている事はすごいなと思います。皆が伝統を守っていきたいという思いがお祭りの参加者から伝わってきて見てよかったなと思います。

 

他にも

女人禁制となっているので、女性の方は参加は勿論ですが、祭当日は写真撮影で神社内に入ることも出来ないので注意が必要です。

県外の方や観光客でも参加できるらしいです。

などの口コミがありました。

まとめ

揺らめく松明が列をなしてうごめく光景は、綺麗でもありますが、

少し怖さの様な物を感じます。

多くの人が「神」を信じていた時代から続くお燈まつりだからこそ、

そういった心境にさせてしまうのかも知れません。

泊まりがけで行こうとしている方や、早い時間に行こうとしている方は、

楽天たびノート 神倉神社や周辺の情報
↑クリックで移動します↑

などで周辺のスポットを調べてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す