大和郡山お城まつりの日程や見所、アクセスや出店に混雑、口コミもここ!!

 

徐々に春の気配が漂い始める3月。

満開になった桜を見ると、春を感じるという方も多いのではないでしょうか?

 

そんな春の訪れを告げる桜の花を楽しめるほか、

さまざまなイベントが開催される「大和郡山お城まつり」

ここでは奈良県大和郡山市で行われる大和郡山お城まつりの日程や見所(特徴)、アクセスや出店と混雑のほか、

祭りへ行かれた方の感想(口コミ)も掲載しています。

祭りへ行こうか迷っているのであれば、口コミを読まれるのをおすすめします。

 

その他周辺情報などは楽天たびノート 大和郡山お城まつりなどを参考にされて下さい。

 

スポンサーリンク

大和郡山お城まつりの日程や見所(特徴)

大和郡山お城まつりの日程

大和郡山お城まつりは

3月下旬から4月の上旬にかけて行われます。

 

祭りの期間は桜の開花に合わせて開かれていて、

高級金魚の品評会など大和郡の特色に合わせた催しも行われますので、

品評会の開催中は金魚愛好家なども訪れるイベントとなっています。

 

イベントの詳細は

奈良県大和郡山市のサイトで確認されるのが良いでしょう。
↑クリックで移動します

大和郡山お城まつりの見所

桜の見頃の時期ですので桜が見事に咲き誇っていて、

特に石垣の下まで枝を伸ばしている枝垂れ桜は見事な物です。

 

夜間にはライトアップや提灯に照らされ、闇夜に浮かび上がる桜も見れるので、

時間のある方は夜に行かれるのも良いでしょう。

その他、金魚の品評会もさまざまな金魚が出品されていて、

好きな方にはたまらないイベントです。

気になるのであれば、行ってみるのも話の種にもなり、良いのではないでしょうか。

大和郡山お城まつりの特徴は?

感想1感想2感想3感想4

金魚の品評会では普段は滅多にみることの出来ない珍しい金魚を見ることが出来ます。

桜が大変見ごたえがありました。

しだれ桜が電車に乗っていても見れます。この桜は一番に咲くので、お城祭りの終盤には散っている可能性がありますので、早めに行かれた方が良いと思います。

金魚すくいがオススメです。

大和郡山お城まつりのアクセス環境は?

大和郡山お城まつりへのアクセスは公共交通機関の利用がおすすめです。

近鉄郡山駅から徒歩10分程度で行ける場所ですので、

公共交通機関の利用で困る事はないでしょう。

 

車での来場は、臨時の駐車場の混雑が酷い時には駐車場の待ち時間で

相当な時間をロスしてします事がありますので、

車で行くのであれば、早めに到着する様にした方が良いでしょう。

特設駐車場(無料)が満車の場合は駅の近くに三の丸駐車場(有料)がありますので、

そちらに止めるのも良いでしょう。(こちらも満車の可能性もあります)

アクセスの感想

感想1感想2感想3

臨時駐車場などがありますが、天気の良い日などは入れるまで相当時間がかかってしまうので電車で郡山駅まで電車で行くのが絶対にお勧めだと思います。

メイン会場となる大和郡山城は近鉄郡山駅から徒歩で10分と近い位置にあります。

地元ですので自転車で行きましたが、駐輪もなんなくできました。電車ですと、近鉄郡山駅からぞろぞろと歩く感じになりますが、まっすぐですのでわかりやすいです。

大和郡山お城まつりの出店(屋台)や混雑は?

出店

多くの出店が出店しており、食事だけでなく子供の遊べる物も出ています。

会場で食事をすると、より祭りを楽しむ事が出来るでしょう。

出店の感想

感想1感想2感想3感想4

お城に数多くの出店が出店して、屋台の定番メニューであるタコ焼き・フランクフルトなどが売られていました。

子供が喜びそうな当てものや、飲食を扱うお店もかなり多かったので屋台で十分昼食はとれます。

出店も様々な種類の食べ物や、ゲームなどがあり、数は多いと思いました。郡山市内の和菓子やが出店しているので、桜餅などを買いました。

屋台は100店近くあったように思います。

混雑

期間中は多くの人で賑わい、イベントが行われる場所は比較的混んでいます。

スポンサーリンク

しかし苦痛に思うほどだという方はおらず、祭りの活気と捉えると良いという位で、

極端に人混みが嫌いな方でなければ問題はないでしょう。

混雑の感想

感想1感想2感想3感想4

城内の桜の下ではシートが広げられてお花見がされていました。時代行列などは見物客で沿道が少し混んでいましたが、そこまで酷い混雑では無かったです。

桜が満開の時は、入口から2手み分かれる場所までは混雑していますが、身動き取れないほどではありません。到る所で、お花見宴会もされています。

人は多かったですが、広い場所なのでそんなに気になりませんでした。

天気の良い日だったのでかなり混雑しておりました。

スポンサーリンク

大和郡山お城まつりの口コミ大公開!!

↓クリックで開きます↓

夜桜も楽しめる

大和郡山お城まつりは郡山城の桜が咲く3月下旬~4月の上旬に開催されるお祭りです。

期間中はぼんぼりが点灯され夜桜が楽しめるようになる他にも、

郡山城主だった豊臣秀長をはじめとして豊臣秀吉・武田信玄といった戦国武将に扮した甲冑姿の人達の「時代行列」や、

子供たちが白衣に狐の面をつけて市内を練り歩く「白狐渡御」が行われたり、

郡山城の柳澤神社前では大和郡山市の特産品である金魚の品評会が行われるなどしていました。

城内には屋台が数多く出店していて、シートを広げてお花見を楽しむ方も居られるなど、

街全体が春の到来を楽しむ雰囲気となっていて楽しかったです。

車で行きましたがあまりの多さに

私は奈良市内在住ですが、「大和郡山のお城祭り」結構面白かったよと友人から聞いていたので2015年4月行ってきました。

臨時駐車場があると聞いていたので車で行きましたがあまりの多さに次回は電車で・・・と思いつつもなんとか車を入れて、

すぐに屋台通りに向かいフランクフルトや焼きそばを買い、通りの先の西公園でシートを広げて桜の下で家族で食べました。

お弁当を持ってきている方もたくさんいたので次回はそうしたいと思います。

金魚の品評会などもやっており、一緒に行った姪っ子たちも大喜びでした。

天気がよかったのでお城の周辺をゆっくり歩きながら散策したりととてもリフレッシュできました。

夜はぼんぼりに灯が灯され、お城や夜桜が美しい

大和郡山市のお城祭りは、毎年開催され、小さいイベントをいれれば、2週間ほどにも及びます。

お城の外でも、郡山にある神社にちなんだ仮装行列や、音楽演奏パレードなども開催され、郡山の町を盛り上げます。その時は交通規制もある程、盛大なものです。

市民ホールでの生け花の展示などもお城祭りのいっかんです。

南京玉すだれなどの演舞や、お茶会、名産の金魚の展示などもあります。

メインは桜のお花見で、夜はぼんぼりに灯が灯されるので、お城とともに夜桜が美しいです。

出店もたくさん出店され、お城までの道を埋め尽くし、子供たちも楽しませています。

ほのぼのとするような祭り

奈良に旅行に行った時に見に行ってみました。

お祭りと聞いて行って見たのですが、祭りばやしが聞こえるような感じではなく和気あいあいとした、ほのぼのとするような祭りで楽しかったです。

金魚が有名な県だと初めて知りました。いろいろな種類の金魚が数多くいてすごい可愛かったです。

パレードもあり広島で言うフラワーフェスティバルみたいな感じで見ていて楽しかったです。

そして辺りが暗くなるにつれライトアップされたお城や桜がまた一段と楽しめて心に残りました。

お昼にみた感じと違ってゆっくりと歩きながら見入ってしまう様な魅力でした。

またよる事があったら行ってみたいと思います。

まとめ

桜や出店で祭りを楽しむもよし。金魚の品評会に行くもよしの大和郡山お城まつり。

他にもパレードなども行われ見所満載です。

祭りに行くと1日はあっという間に経ってしまうと思いますが、

数日間大和郡でゆったり過ごすのであれば、

楽天たびノートなどで周辺のスポットなど調べられるのも良いでしょう。(周辺の宿の情報もあります)
↓クリックで移動します。
楽天たびノート 大和郡山お城まつり

スポンサーリンク

コメントを残す