YZFR25のインプレ 初心者には辛い?ツーリングや積載力は?

YZF-R1で世界中にスーパースポーツというジャンルのバイクを浸透させたヤマハが作った

ミドルクラススーパースポーツYZF-R25は、エッジの効いたいかにも「速そう」なデザインの

フルカウルバイクです。

 

パッと見はR1譲りの攻撃的なデザインから速さを追求した乗りにくいバイクに見えますが、

実はこのバイクは初心者はもちろん女性にもおすすめできるほど乗りやすく、

扱いやすいユーザーフレンドリーなライダーに優しいバイクに仕上がっています。

まさに「毎日乗れるスーパースポーツ」です。

 

ここではYZFR25のインプレ

初心者でも扱いやすいか、ツーリングは辛いのか、積載力はあるのかを書いています。

 

YZF-R25を購入しようか迷っている、どんなバイクなのか知りたいという方は、

一度読んでみて下さい。

スポンサーリンク

YZFR25のインプレ 初心者でも扱いやすい?

ではどう言ったところがライダーに優しく初心者にも安心なのかポイントを挙げてみます。

 

まず一つ目は低回転から扱いやすくトルクフルなエンジン特性です。

一昔前の250ccスポーツバイクのエンジンといえば最高出力45馬力で、

とにかく回転数を上げないと安定して走れない、そんな高回転型エンジンでしたが、

R25に搭載される並列2気筒エンジンは全く違います。

 

カタログスペックでは36馬力と少し物足りない数字ですが、

実際に乗ってみるとどの回転数でもしっかりパワーを発揮してくれて

交差点をゆっくり曲がるときや細い田舎道をのんびり走るようなときも

回転数を気にせずに自然体で乗ることができます。

 

昔の高回転型エンジンだと極低速低回転走っているときにアクセルをひねっても

思ったよりパワーが出ずにそのまま立ちゴケなんてことがよくありましたが

R25ではその心配はあまりないでしょう。

 

二つ目は見た目よりもはるかに楽なライディングポジションです。

R25のハンドルは左右分割式のセパレートハンドルです。

このタイプのハンドルはレーサーにも採用されていたりして

いかにもスポーツバイクらしく前傾姿勢もきつそうですが、

全くそんなことはなく、極めて自然な体制で握ることができます。

ハンドルの高さや角度が絶妙なため自然に手を出したところにグリップが有る、

そんな感覚です。

 

ハンドルが低すぎないのでハンドルの切れ角が比較的大きく

取り回しが楽なのも初心者の方でも扱いやすいポイントです。

YZFR25のインプレ ツーリングは辛い?ロングツーリングにも行ける?

スーパースポーツスタイルのバイクでツーリングというと

何となく辛そうなイメージがありますがR25なら決してそんなことはありません。

 

前章で上げたエンジン特性やライディングポジションの特性は、

そのままツアラーバイクの特徴にもなります。

 

市街地で楽なのはもちろん高速道路では

フルカウルがしっかり走行風を逃がしてくれるので

体力的にもとてもらくになり、少しだけ伏せた姿勢になれば

スポンサーリンク

ほぼ無風状態に感じるほどいい仕事をしてくれます。

 

少し控えめな馬力に心配される方もいるかとおもいますが、その心配は全くいりません。

R25の最高速度は時速180キロメートル位ですので

一般的な高速道路でも最高速度の半分程度のパワーで走行することができます。

これだけの余裕があれば十分に快適なツーリングができるでしょう。

 

ただし極めて長い距離を走るロングツーリングの場合は意見が別れるかもしれません。

これはR25の車体重量が軽いため比較的横風などにあおられやすく、

直進安定性が低いと感じることがあるためです。

 

しかし車体の軽さからくる燃費の良さなどのメリットも大きく、

初心者の方にはこちらのほうが嬉しいかと思います。

超ロングツーリングに向いている大型ツアラーの燃費は

1リッター15キロ程度ですがR25なら30キロ以上走れます。

これだけ燃費が良ければ気軽にツーリングに出かけられます。

スポンサーリンク

YZFR25のインプレ 積載力はある?積載はどうすれば良い?

R25の積載性は皆無ではありませんがかなり低いです。

シート下の収納スペースは狭く車載工具、ETC、書類を入れればほぼいっぱいです。

これはデザインのためにはある程度我慢しなければいけない所です。

 

しかしスクーター以外のバイクの積載性は大体低いですので、

実用上はあまり気になりません。

 

大型バイクでさえ500ccのペットボトルが入ればイイほう程度です。

 

ですのでキャンプツーリングなど荷物が多い場合は、

リアキャリアを取り付けて積載力を増すか、

シートバッグやパニアケースを取り付けることになります。

 

人気車種ですのでこのあたりの社外品は豊富にあるので、

サイズやデザインに応じてお好みで選べますし

予算が心配ならホームセンターなどにあるプラケースを使って旅仕様にだってできます。

 

こういった工夫もバイクの楽しみの一つだと割り切れればどうにだってできます。

 

R25の口コミ

リターンライダー
40代リターンライダーです、YZF-R25を購入して5ヶ月ほどたちました。
購入した理由はなんといっても36ps/12000rpmのエンジンでしょう、250ccクラストップのハイパワーエンジンとヤマハらしいデザインがかっこよくて買っちゃいました。

納車してしばらくはならしで回さなかったのですが、このバイクの旋回性の良さにはすぐに気がつきました。
素直に倒れてくれるので走りやすいんですね、これは楽だなあ、初めてバイクに乗る人にもお勧めできます。

ただ、積載性能はあまりよくないので、そこらへんの工夫は必要かもです。

ならしが終わってちょっと遠出したときにYZF-R25のコンセプトを理解しました。
このバイクはスポーツバイクなのです。ツーリングやファッションよりも、いかに速く駆け抜けるか?を目的としたバイクなのです。

8500回転を越えたあたりから直2エンジンが吼えます、166kgの軽量な車体とこのパワーであれば、日本の峠なら文句なしに楽しめるでしょう。

正直、限界が見えません、YZF-R25を完璧に乗りこなせるようになるためには自分の腕を磨く必要があるのです。

そういった意味で、YZF-R25はエントリーモデルであり、かつハイエンドユーザーにも楽しめる懐の深い一台であるといえます。

コイツを初めて買って、ずーっと乗り続けるってのもかっこいいですね。 私もバイクに乗れる限り乗り続けようと思います。”

まとめ

乗りやすくて快適、燃費がよくてパワーも十分、しかもカッコいい、

足りないものは化け物みたいなパワーぐらい。

もしそんなパワーを求めているのならミドルクラスは検討していないでしょうから、

総合的に見てR25は初心者におすすめできるバイクだと思います。”

スポンサーリンク

コメントを残す