バレンタインは手作りで 簡単でおしゃれな周りとかぶらないチョコを作るには

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88

 

女性が一年で一番わくわくするバレンタインデー。

バレンタインデーは好きな彼や友達、家族にもプレゼントを渡しますが、

手作りのチョコレートやお菓子を作る時は楽しいものですよね。

 

いつも何を作るのか頭を悩ませているのではないでしょうか。

今回はバレンタインの簡単レシピから他の人に差をつけるレシピまでご紹介します。

スポンサーリンク

 

バレンタインは手作りで 簡単に作れるレシピ

 

手作りチョコレートを完成させるためにはチョコレートを細かく包丁で刻んだ後に、

湯煎にかけて溶かすテンパリングという作業が必要になります。

細かくなったチョコレートをボウルに入れ、

それより一回り大きいボウルに熱いお湯を入れ、

チョコレートを入れたボールを浮かべて時間をかけて溶かします。

 

テンパリングは初心者でも出来る作業なので出来れば省かない方が良いのですが、

これを省いてレンジで煮溶かす方法があります。

チョコレートは細かく刻む必要がありますが、様子を見ながら生クリームを加え、

時々取り出して泡だて器などでゆっくりかき混ぜます。

 

この作業を省略したい場合は市販の物を利用しても良いですが、

レンジで失敗した場合は他のお菓子の材料としても使う事が出来ます。

 

マシュマロやフルーツグラノーラなど市販のお菓子を使ったレシピも多く公表されています。

混ぜて冷やし固めるだけのレシピもありますので、気負わずトライしてみましょう。

 

バレンタインは手作りで おしゃれ、きれいに見える方法は?

基本の生チョコを作る時にはミルクチョコレート、

ホワイトチョコレート、ダークチョコレートの三種類ですが、

一種類だけだと寂しく見えます。

 

ラズベリーや苺、オレンジなどの果物を組み合わせたり、

上からココアパウダーやココナツなどでトッピングをすると、

よりきれいで美味しく見える仕上がりになります。

 

アボカドや豆腐を材料に使うとカロリーも抑え目で、美活効果が期待できます。

基本のチョコにコーティング用チョコレートでコーティングして

銀色のアラザンやカラーペンで飾り付けると華やかです。

スポンサーリンク

 

ホワイトチョコレートを使ったトリュフを作る時に

果物のピューレや抹茶を混ぜるとバリエーションが広がります。

出来たトリュフは基本のトリュフと一緒にプレゼントするとおしゃれです。

 

チョコレートを使ったお菓子と果物を組み合わせる時は

生クリームとミントの葉で仕上げるのが定番となっています。

 

チョコレートやお菓子を入れるラッピングの箱は

シンプルな方がチョコレートを引き立たせます。

 

チョコレートの色が白かダークブラウンなら赤やピンクなどの

暖色系でも良いですが、金色や銀色を取り入れると

特別なプレゼントだという印象を受けますし、

アースカラーだと落ち着いた印象になります。

 

スポンサーリンク

バレンタインは手作りで 周りとかぶらない様にするには?

手作りバレンタインのチョコレートは、

周りとかぶらない様にしたいものですよね。

特に本命の彼に贈るチョコレートは、

味はもちろん好ましい印象を与えたいものです。

 

生チョコやトリュフなどはデコレーションのバリエーションがないと

かぶりやすくなりますので、しっかり相手の好みをリサーチしてから

作る事が重要になります。

 

意外な素材を使ったチョコレート、スパイシーな味の物も印象に残ります。

チョコレートをコーティングしたポテトチップスや柿の種は

いろいろなメーカーの市販品が出ていますが、

簡単なので自分でも作る事が出来ます。

 

相手と友達の間柄ならバレンタインデー以外の日でも

リピート出来る味の物を贈ってみると、

一緒に食べる事が出来るかもしれません。

 

チョコレートなどの洋菓子より和菓子派の彼には

ココアパウダーをコーティングしたお団子を作っても良いですし、

甘味を抑えたカステラやラスクなどは

普段チョコレートをあまり食べない方でも食べやすいので、

彼の好みを良く研究してからレシピを参考にして作ってみましょう。

まとめ

バレンタインに活用出来るレシピは沢山あるので

迷う方もいらっしゃるかもしれませんが、

自分が良いと思って選んだレシピで作っても、

贈る相手に気に入ってもらえなければ無駄になってしまいます。

 

相手にそれとなくたずねたり、仲の良い相手に聞いておくと

より好みの味が分かるので、喜んでもらえるレシピで作りましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す