卒業式 母親の服装編 マナーやコート、ブランドの避けた方が良い物はここ!!

%e6%a1%9c

もうすぐ卒業式のシーズンですね。
思い出いっぱいの学校生活も、もう終わり。

寂しいですが、卒業式は最後の学校生活なので思い出深いものにしたいですよね。
お子様の晴れの日なので、お母様も卒業式にふさわしい服装を心掛けたいものです。

ここでは卒業式の母親の服装のマナーやコート、ブランドの選び方などを書いています。

スポンサーリンク

卒業式 母親の服装編 マナーはある?不快に思われないために

卒業式は公式の行事なので、マナーある行動が必要です。

式中におしゃべりをしたり、携帯電話の着信音が鳴り響いたりなどしたら、
せっかくの記念の日が台無しになってしまいます。

 

服装も大切。
マナーに反するものであったら、式全体の雰囲気を損なうこともありますし、
何といってもお子様が恥ずかしい思いをしてしまいます。

では、どのような服装が卒業式にふさわしいでしょうか?
たくさんの保護者が出席しますし、来賓の方々もたくさんいらっしゃいます。
節度ある服装にしましょう。

スーツや、ワンピースにジャケットがよいです。
ジャケットは必須です。
式なので、正装にしましょう。

パンツスーツでも構いませんが、スカートの方が多いです。
女性らしさを演出するにはスカートがおススメです。
式なので仕事で着るスーツのように、かっちりする必要はありません。

フレアスカートもかわいらしいですね。
インナーも襟にフリルが付いたもので華やかさを出し、地味すぎないようにするのも大切です。
しかし、全体的に色は目立ちすぎないものにします。

紺色は公式の場にふさわしく、清潔感があり上品です。
紺色のスーツを着た方がやはり多く、
ほかにはグレーなど落ち着いた色も好まれますが、
中にはベージュなどの明るい色のスーツの方もいらっしゃいます。

スポンサーリンク

保守的な校風の学校や私立の学校は、ほとんどの方が紺色のスーツです。
学校の雰囲気に合わせ、その場に合うものを選ぶのがマナーです。
式なのでおしゃれより身だしなみに気を配りましょう。

スポンサーリンク

卒業式 母親の服装編 コートで避けた方が良いものは

スーツに関しては、式にふさわしく節度あるもの、
身だしなみに気をつけることが大事であるとお伝えしました。

では、コートに関して注意する点は何でしょうか?
コートもやはり派手なものは避けるべきです。
毛皮のコートは場にふさわしくありませんね。
柄が目立つものも控えた方がいいです。

ダウンのコートはカジュアル感があるものではなく、エレガントなものであれば可です。
ロングコートで、紺やグレー、茶、黒等の落ち着いた色であればいいでしょう。

スーツと同じで、コートも上品で清潔感のあるものを選んでください。
みんな同じでつまらないから、目立ちたいという気持ちは抑えてくださいね。
公式の場であることを忘れずに、きちんとした服装で卒業を一緒にお祝いしましょう。

卒業式 母親の服装編 ブランドで避けた方が良いものは?

卒業式は公式の場であるということを、何度もお伝えしました。
ブランド物というと派手なイメージがあります。

「ブランド物=おしゃれを楽しむもの」と考えてしまいますが、
きちんと選べば素敵な装いになります。

まず、いかにもブランド物とわかるものは避けましょう。
ブランドのマークやロゴが一目でわかるものは控えた方が良いです。
金色や光る素材を多く使ったデザインのものも避けましょう。

特に、バッグや靴に注意です。
バッグはブランド物をお持ちの方が多いと思いますが、
卒業式はおしゃれを楽しむ場ではありません。
控えめの素材、デザインのものにしてください。

靴も同様です。
有名ブランドと一目でわかる派手目なものは避けます。
シンプルでアクセサリーも控えめなものが良いですね。
靴が汚れていては、履いている人の品性を損ないます。
きちんと磨いておきましょう。

以上、卒業式の母親の服装で注意する点をお伝えしました。

まとめ

ここでは卒業式の母親の服装に関する
マナーやコート、ブランド物などで避けた方が良い物を書いてきましたが、
お役に立ったでしょうか?

素敵なお式になるよう、しっかり準備してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す