バレンタインの義理チョコが迷惑になってしまう場合や渡し方、気をつけたい事はここに!!

ここでは学校や職場などで渡す、バレンタインの義理チョコが迷惑になってしまう場合や、
渡し方のほか、義理チョコを渡す際に気をつけたい事を書いています。

学生時代の一大イベントだったバレンタインデー。

 

「意中のあのコからチョコレートを貰えるかも!」とワクワクしながら、
いつもよりお洒落をして学校に向かう男の子。

「憧れの先輩に渡したいけれど、迷惑がられるかな…。」
とやきもきしながら悩む女の子。

 

各々それぞれの甘くて苦い思い出があるかと思いますが、
今回はそんな甘くて苦い本来の(?)バレンタインデーではなく、

あくまでも“日頃の感謝の気持ちを表現するだけのもの“とされている
義理チョコについて一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

バレンタインの義理チョコは迷惑?

21世紀のこのご時世「貰えればなんでも嬉しい!」なんて考えを持っているのは、
減っているのではないでしょうか。

 

日頃の感謝の気持ちを表現する義理チョコですが、
渡されることが相手にとって迷惑であれば、
それは“ありがとうの押し売り”になってしまします。

実際、筆者の周りでも“義理チョコ”をもらって
迷惑に感じている友人は少なくありません。

 

パターンとしては以下の3つがあげられます。

チョコレート(甘いもの)が嫌い

荷物がかさばって迷惑

意中の子or付き合っている子がいて、勘違いされる

では、それぞれの理由を見ていきましょう。

 

まず1の“チョコレート(甘いもの)が嫌い”は、
スイーツ男子が増えたと言われ昨今でも、甘いものが苦手な男の子は多いです。

この意見が特に多かったのは、意外にも運動部ではない男の子たち。
日頃からあまり体力を使っていない分、糖分の消費量が少ないのかもしれませんね。

 

2の荷物がかさばって迷惑は、運動部の男の子にはありがちな理由。
いつもは部室に荷物をおいている彼らも、定期的にユニフォームなどを
洗濯するために、持ち帰ります。
そうした荷物の多い時に余計なものが増えるのは確かに迷惑ですよね。

 

3の意中の子or付き合っている子がいて、勘違いされるは、
密かな人気者にありがちな理由。

密かに好意を寄せられているor彼女がいる男の子に、
あなたが急にチョコレートをあげたら、まさに晴天の霹靂です。

スポンサーリンク

あなたがなんの関係もないとアピールしても、相手にとっては死活問題。
せっかくのコミュニケーション促進ツールも、
絶交の原因となりかねません。気を付けましょう。

バレンタイン 義理チョコの渡し方

『そんなこと言われたら、義理チョコなんてあげられないじゃない!』
と思ったあなた、ご安心ください。

一方的な“ありがとうの押し売り”になりかねない義理チョコですが、
しっかりと手順を踏んで渡せば、日頃の感謝の気持ちをうまく伝えられる
最高のコミュニケーションツールになります。

 

では、どのような渡し方をすれば迷惑にならないのでしょうか。

1、渡すタイミングを相手の立場に立って考える。
前の章の2、3に関連してきますが、渡す相手が当日、
物理的にも情緒的にもどのようなコンディションであるのかを考えて渡しましょう。

荷物が多い日なのか、意中の人or彼女がいるのかどうかを事前にリサーチし、
迷惑にならないタイミングで渡すようにしましょう。

 

2、相手の好きなものをあげる
これは前の章の1と関連してきますが、バレンタインデーには
チョコレートを渡すものという固定観念が広がっていますが、
そこにとらわれる必要はないでしょう。

 

義理チョコは日頃の感謝の気持ちを表現するものですので、
相手の好きなものをあげるのが何より嬉しいでしょう。
日頃のコミュニケーションから好きなものを探っていくようにしましょう。

バレンタイン 義理チョコで気をつけたいことは?

さて、最後に義理チョコで気をつけたいことについてですが、
手作理の際には、衛生面には絶対に気を付けましょう。

昨今、冬場にノロウイルスやインフルエンザウイルスが猛威を振るっています。
せっかくの感謝を伝える贈り物で、相手をノックダウンさせてしまったら本末転倒です。

 

また、見落としがちですが、デザインについても注意を払いましょう。
うっかりハート形なんか渡してしまった場合、
の3のように予期せぬ迷惑をかけてしまいます。

あくまでも“義理チョコ“であることをしっかりと示すデザインのものを渡し、
ニアミスを防ぐよう気を付けましょう。
(だからといってブラックサンダーを渡せというわけではありませんよ!)

まとめ

以上、義理チョコについての一緒に考えて見ましたが、いかがでしたでしょうか。
色々と考えてしまうバレンタインデーですが、日頃の感謝や愛情を表すには絶好の機会。

うまく利用して、より一層友情を深められるよう頑張りたいものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す