バレンタインの義理チョコの相場やおすすめの選び方と格安で済ませる方法はここ!!

 

ここではバレンタインの義理チョコの相場とおすすめのほか、格安で済ませる方法を書いています。

 

毎年やって来るバレンタイン。友人や職場の同僚への義理チョコをどうしようかと気が重くなる人もいるかも知れません。

あまり悩みたくない義理チョコをササッと手配するコツをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

バレンタイン 義理チョコの相場は?

義理チョコは、仲間内のコミュニケーションを円滑にするための「ツール」として欠かせないもの。

面倒だという気持ちが先立つかもしれませんが、逆に年一度のイベントを楽しむ機会として利用しようと考えたいですね。

スマートに義理チョコを贈ることが出来ると「気遣いの出来る女性」として評価もされるし、上手に利用したい機会です。

 

では、どのくらいかけたらよいのかと気になる相場は、贈りたい人数や相手の年齢によります。

職場であれば、社内の雰囲気によっても異なってくるでしょう。

 

予算は一般に、人数に比例して一人当たりの金額が減り、相手の年齢に比例して上がっていきます。

例えば、20代~40代の男性個人向けであれば1000円以内、50代以降であれば1000~1500円で十分カッコがつくでしょう。

 

要は、適当に安く済ませたと思わせることなく、かといってあまり値が張るもので相手に負担を感じさせることもない範囲に収めるのがコツです。

バレンタイン 義理チョコのおすすめは?

出来るだけ格安に済ませたいのは山々だけど、モノ選びのセンスも発揮したいところ。

 

この時期はどこへいってもチョコを選ぶのに苦労しませんので、選ぶ基準は「コンセプト」です。

お洒落に決めたいなら、質・ブランド・ラッピングデザインがポイント。
ブランドは「チョコレートの銘店」であれば、高級ブランドである必要はありません。

 

楽しく受け取ってもらいたいならば、「遊び心のあるもの」を基準に選びましょう。

スポンサーリンク

バレンタイン 義理チョコを格安で済ますには?

数ある品揃えを見ていると、良いなと思うものほど値段が高くなることに気付くと思います。

でも、格安で済ませたければ予算厳守。ほんの少しの差と思って予算をオーバーしないことです。

 

あまりおカネをかけずに納得のいくものを選びたいという、正にこの点が、義理チョコ選びで気が重くなる理由なんですよね。

毎年のことなので、品選びにかける時間は出来るだけ最小限に済ませたいものです。

納得行く品物が選べたなら、是非そのお店を覚えておきましょう。

 

どこのお店も毎年、趣向を凝らしたラッピングを用意してくれているので、
同じお店で同じ価格帯のものを買っても「また同じ」ということにはなりませんよ。

 

職場など、人数が多い場合は仲間と共同で用意できれば一番良いですね。
個人で用意しなければいけない場合でも、大箱入りのものを購入して一気に済ませるという手もあります。

コストコなどで大容量の個包装チョコを購入し、挨拶を兼ねて一人一人に手渡すパフォーマンスで配ると、低予算で済ませた気兼ねをカバー出来るどころか、コミュニケーション向上に一番効果的です。

有名ブランドでも内容量の多いものが用意されていますよね。上質感と気軽さが同時に演出出来るのでオススメです。

まとめ

義理チョコで一番大事なのは、良いコミュニケーションに役立てるということ。
チョコそのものの選択よりも、気持よく受け取ってもらうことが何より重要です。
そのためには、チョコ選び以上に渡し方や渡すタイミングについて意識してみましょう。

 

義理チョコを受け取る方は、チョコ自体よりも「自分を気遣ってくれた」という気持ちに価値を感じてくれるものです。

 

 

世間のお祭り騒ぎに乗せられたくないと思う人もいるかもしれません。
でも義理チョコももはや季節の挨拶のようなもの。
「いつもありがとう、これからもよろしく」の気持ちを込めて、笑顔でさり気なく渡せたらとてもスマートですね!

スポンサーリンク

コメントを残す