バレンタインの義理チョコを職場で 手作りはあり?渡し方やいやがられない方法もここ!!

 

ここではバレンタインの義理チョコを職場で渡す場合は手作りはありなのか、ほか渡し方やいやがられない為の方法などを書いています。

バレンタインデーって結構憂鬱になる人が多い日でもあります。

本命にどんなプレゼントの仕方がいいのか?
チョコレートの選び方からラッピング、そして付加価値の付け方なんて考えていると時間がいくらあってもキリがありません。

しかも見栄えのいいのは結構なお値段。

余裕があれば話は別ですが高価なチョコを渡しても思ったほど喜んでもらえなかったなんて話はよく聞きます。

 

ましてや義理チョコなんてさらに面倒、できれば安く抑えたいのが本音でしょう。

でもいろんなケースを見てみると、実は義理チョコでも上手に使えば職場で好感度が上がったりすることもあるようです。

仮にそれが恋愛対象でなくても普段毎日のように顔をあわせるとなるとやはりそれなりにいい印象になるならそれに越したことはありません。

スポンサーリンク

バレンタインの義理チョコ 職場でも手作りはあり?

正直なところわざわざ手作りなんてする必要があるのかな?と思いますよね。

でも考えてみるとどれがいいか決まらないまま店頭で並んで眺めるのも実は結構苦痛じゃないですか?
人気のあるお菓子屋さんなんかバレンタインデーの直前なんて相当な人だかりだったりしますし、デパ地下も夕方いつも以上に混んでいるから気が向かなかったりします。

 

要領のいい方なら数日前には準備万端で余裕でしょうが、みんなそうじゃないから混み合うのです。
しかもそれなりの金額、ギリギリまで粘る理由はその迷いとの葛藤もあるかもしれませんね。

 

ならば手作りなんてどうでしょう。

実は手作りの方が案外安くあげられたりするのですが、手作りって本命相手にあげるチョコのイメージが強いのでしょう。

さらにプロが作ったみたいに綺麗じゃない、そんな認識もあるかもしれません。
でもよほどのトップパティシエのブランドでない限りは素人でも近づけられるレベルのものがたくさん売られているのは確かで、ちょっと時間を割いてやってみて損はないと思います。

バレンタイン 義理チョコ 職場での渡し方

手作りで喜んでもらう、でも普段あまり作り慣れていないなんて場合、となると方法は限られてきます。

チョコレートだけだとイメージとクオリティのバランスが問題、綺麗に作れるか疑問です。

 

一つの例として挙げるなら、まとめて作ったあとに分けて袋詰めできるような企画で考えるというのも悪くないでしょう。

市販のチョコを湯せんでボールに溶かし、型に流し直せば終わり、いやそれではそうそう綺麗にいきません。

スポンサーリンク

メインはチョコでもいいのですが、ナッツ類やドライフルーツなどを使ってそれに流します。
アーモンドやくるみ、イチジクやマンゴーなどなど探せばたくさん材料があります。
表面を綺麗に整えるのが難しいチョコだからこそそれらを使えば目立たなくできます。

 

逆にドライフルーツメインでチョコに浸けてみるのもいいアイデアですね。
オレンジピールにチョコが掛かったのなんて有名パティシエでも普段やっていたりしますし。
作り方なんていたって簡単、洋酒に浸けたドライフルーツを水気を切ってからチョコに浸すだけです。

お酒の香りも手伝って、なんちゃって高級チョコの出来上がりです。

 

あとは可愛いラッピングで小分けにして渡すだけ、複数いる部署ならまとめてみんなで分けてと言えばいいので楽です。

バレンタイン 義理チョコ 職場で嫌がられない為には?

手作りもあまり高級な仕上がりを求めると難度はぐっと上がってしまいますが、要はラッピングでごまかしもききますから中身はあくまで味勝負でいいでしょう。
だからこそ小分けにすることでそれが解消できます。

 

義理チョコで困るのはなんか思惑を感じさせたり、気持ちが重く感じたりすることでしょうか。できればさりげなく渡して済ませたいものです。

それでいて日頃お世話になっている方への贈り物、また同僚などへのコミュニケーションの一環としてそれなりに意義がないとつまらないものです。

あまり安っぽいのもがっかりしますし。
人によって差があるのもちょっと考えもの、みんな平等である程度喜んでくれるものが一番ですね。

 

人の嫉妬心はとてもやっかいな状況を招く事もありますよね。
人により差をつけず、部署内ならその中で、友達グループならそのグループで、など外から見ても平等に配っている事が分かる様にして、予備も若干用意しておくのが良いでしょう。

 

手作りしたけどそんなに難しくなくて相手の気持ちの負担にならないもの、しかもそれでいて味も美味しい、そんなのが作れればあなたの株も急上昇なんてことにもなるかもしれません。

わかって欲しいのは必要なのは手間ではなくてセンスだと言う事です。

市販のがあまり良いのがなかったから作っただけです、なんて印象ならさりげなくて素敵じゃないですか?

まとめ

バレンタインの憂鬱、これは女性ならではの悩み事かもしれません。
もちろんその一ヶ月後には男性も同じ思いをすることになるのですが。

 

でも何もしないわけにいかない環境下であるなら、ちょっとだけ知恵を絞ってみるのも良い勉強です。

もしかしたらそれをきっかけにお菓子作りに対して興味が湧くこともあるかもしれません。
また職場の人たちもそれを機にちょっとあなたを見直してくれるかもしれません。

 

たまにそれが縁で恋愛に発展なんてこともありますが、あまり欲張らないでまず作ってみてはどうですか?

 

結構楽しいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す