バレンタイン 義理チョコの相場や渡し方ー職場版 ほか迷惑になるのかなどはここ!!

2月14日はバレンタインデーですね。
本命のチョコを渡す予定がないという人も、職場で義理チョコを渡す機会はあるかもしれません。
上司や同僚、部下などに義理チョコを渡すという人も多いのではないでしょうか。

 

義理チョコをもらってうれしいという人がいる一方、義理チョコが迷惑になる場合もあるかもしれません。

そこでバレンタインデーの職場義理チョコについて、気になる義理チョコの職場での相場や義理チョコの職場での渡し方などについて紹介します。

スポンサーリンク

バレンタイン 義理チョコの職場での相場は?

毎年2月14日のバレンタインデーに本命チョコを渡す予定がないという場合でも、職場で義理チョコを渡そうと思っている人もいるでしょう。

 

渡す場合に気になるのがバレンタインの義理チョコの職場での相場です。
みんなどれくらいの金額のものを渡しているのでしょうか。

 

上司や同僚、部下などに渡す義理チョコで多いのが100円~500円くらいです。
そして、500円~1000円くらいのものも割と多く、渡さないという人もいます。

やはり何といってもお手頃価格の義理チョコが人気で、100円~500円くらいのチョコは同僚や部下に、500円~1000円くらいのチョコは職場の上司に渡す人が多いようです。

 

中には職場でチョコが禁止などで渡さない(渡せない)という人もいるようですので、禁止かどうかの確認だけはしておいた方が良いでしょう。

バレンタイン 義理チョコの職場での渡し方

義理チョコだからべつに適当でもいいでしょうという考えは、あまりおすすめだとはいえません。
職場で渡すからこそ、義理チョコの渡し方や礼儀などを守る必要があるといえます。

 

義理チョコを職場で渡す時は、一人だけという私型ではなく、みんなのいるオフィスなどで一度に配ったほうが義理と分かりやすいためにいいといえます。
簡単なメッセージを添えて、包装はシンプルにしておくのがいいでしょうね。

 

職場での義理チョコをもらった男性は、一つくらいチョコがほしい、全くチョコがないのは寂しいという人と、ホワイトデーにお返しするのが面倒だから遠慮したいという人など様々で、お返しに無駄な出費がかかると思ったり、お返しの仕方がよく分からないといった意見などもあります。

スポンサーリンク

 

女性も義理チョコへのお返しに関してはあまり期待していないといった人も多く、

あくまでもイベント的な感じで、あまり相手が気負わないような金額に納めておく方が無難といえますね。

バレンタイン 義理チョコ 迷惑になる場合もあるの?

もらうとうれしいという職場でのバレンタインの義理チョコですが、お返しのことを考えると気が重いという人もいるのです。
義理チョコをもらったら果たして嬉しいのか迷惑なのか、という点は渡す側としては気になるところですね。

 

義理チョコは気が重いと思っている人は、意外といると言われ、年齢が若くなると多くなっていく傾向があるといわれています。

その理由にはいろいろあり、最初にくるのが、お返しが面倒という意見です。

また、お返しをする時にかかる費用が負担だと思ってしまう人もいるようです。

そして、もらう時にもちょっと気恥ずかしいと感じ、お返しをする時にも気恥ずかしさを感じるという人もいます。

義理でもらったものには義理でお返しをしなくてはならないというのが気が重いという人もいるのです。

 

職場で主人が部下の女性からもらってきた義理チョコのお返しを、ご主人の奥さんが用意するというのもよく聞きます。

物をもらって嫌な気持ちになる人はいないのではと考えがちですが、節約志向の主婦にとっては主人が会社でもらってくる義理チョコはありがたいけれども迷惑なものだともいえるのかもしれません。

そう考えると、意外にも迷惑になる場合もあるといえます。

 

職場の規定以外にも、周りはどうしているかなどをそれとなく聞いて、渡すか渡さないかや金額の参考にするのが安心でしょう。

まとめ

職場で義理チョコを配る場合には、職場の規模にもよりますが、一人一人にと言うよりも、量を作る、もしくは高くはないが見栄えは良い物を自分で詰め合わせてラッピングした物を配るなどするのが、高価な物を渡すより金銭的にも相手にも気負いを与えず良いかも知れませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す