卒業式の服装母親編 喪服に見えない方法や色やバッグの選び方はここ!!

卒業式は、子どもの成長の節目に親自身もちょっと緊張するセレモニーですね。
とくに服装に関しては、子どもだけでなく自分自身も「それらしい」出で立ちで出席したいと思いますし、周りの方との’バランス’も気になるところです。

そんな悩めるママのために、喪服の様になってしまわないための卒業フォーマルスタイルについての着こなしのヒントをご紹介していきます。

スポンサーリンク

卒業式の服装母親編 喪服みたいにならないために

卒業式はフォーマルな場面なので、スーツスタイルの場合多くは「礼服」を着用されます。
ですが、礼服を「着なければならない」決まりはなく、黒・濃紺・グレーなどのダーク系スーツでも問題ありません。

 

黒は地味な仕上がりになるだけではなく、せっかくのハレの儀式なのに喪の雰囲気を醸し出してしまうことになりますので、黒いストッキングは履かず、礼服を着るときには「小物」を是非取り入れましょう

パールのピアス(イヤリング)、ネックレス、胸にコサージュ(ベージュ・オフホワイト系が多いですが、最近はシルバー系も。(パール系のブローチでも可)
これらを上手に取り入れることで、おしゃれさと明るさが増します。

最近では慶事の際に、真珠に代わりコットンパールを身に着ける方も増えています。
数年前からコットンパールは人気ですが、卒業式では質感・大きさに配慮されるとよいでしょう。

 

最近ではこのようなパール系ネックレスをつけず、逆に普段つけているような小さな一粒ダイヤのネックレスに、コサージュのみでシンプルにされている方も見えます。

 

ブラウスの襟元にフリルやレースのデザインのものにするだけで、喪服オーラを出さず、晴れやかな雰囲気を出すこともできます。
コンセプトは「控えめな華やかさ」ですので、ブラウスや装飾小物を上手く組み合わせてくださいね。

卒業式の服装母親編 色のおすすめは?

地域や園によっては、保護者の服装の指定があるところもあるようですので、まずはお住まいのエリアのルールを確認をすることが前提ですが、一般的には「黒」のスーツを着られる方が多いです。
「無難に」「目立ちたくない」と考えるなら黒色をお勧めします。

スポンサーリンク

礼服なら誰でも持っていて、お金をなるべくかけず「小物でアレンジが効く」合わせやすい色でもあるからです。

 

最近は卒業式にグレーや濃紺のスーツを着る方も増えてきました。
ですが入学式と比べると卒業式の場面ではまだ少なく、目に留まりやすいデメリットがあります。
逆に「少し注目されたい」方であれば黒以外のダークカラーのスーツの着用を提案します。

 

あと、着物も選択肢の一つ。
グレー紺はもちろん、紫の落ち着いた色や柄のものなら卒業式にふさわしい服装です。
ですが、着物は着付けの時間やコスト、母数が他と比べ少ないので目立つデメリットもあります。
色については、それぞれの重きを置くところ(無難さを優先なら黒、おしゃれさ、注目度をアップなら、他色・着物という風に)フォーカスして決めるとよいでしょう。

卒業式の服装母親編 バッグとの組み合わせ

卒業式にもつバッグとしては、革のシンプルな黒のハンドバッグがお薦めです。
四角・台形ならフォーマルスタイルに一番しっくりきます。
革がお薦めですが、質のよいフォーマルバッグでナイロン系のものもあります。
もちろんそれでも構いません。

 

色物や大きなロゴ、金具など装飾があるもの、ラメ入りなどの光沢のバッグは控え、ハンドバッグも書類などが入るくらいの大きめではなく小ぶりに持てる大きさがお薦めです。
ショルダーバッグはカジュアルになりすぎてしまい、服装にもマッチしませんので控えてくださいね。

でも小ぶりなものだとスリッパやカメラなどの荷物が入りませんので、サブバッグを使います。
そのときは紙袋ではなく、同系色の落ち着いた色めのものを用意してください。

まとめ

服装の根底となるのは「セレモニー」であるという意識です。
ですがお子様の晴れの舞台にふさわしく、フォーマルさの中にも上品さや華やかさ(ケバケバしさでない)も忘れないように心がけてくださいね。

学校、エリア、あと時代の流れでルールの違いや許容もありますので、既に経験された身近な先輩ママの情報も参考にしながら、素敵なフォーマルスタイルで参加できるとよいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す