卒業式の母親の服装は何が良い?バッグや小物アクセサリーやストッキング選びもここ!!

卒業式は子供だけでなく親にとっても大きな節目のイベントです。

ですが何度も卒業式があるわけではないので、着る物や小物に悩む方も多いと思います。

ここでは卒業式の母親の服装の選び方を、主に服装はどんな物があるのか、バッグや小物、ストッキングの選び方などを私の経験を元に書いています。

地域による違いまでは書けませんが、参考にはなると思いますので、服装に悩まれている方は、一度読んでみて下さい。

スポンサーリンク

卒業式の母親の服装は何が良い?

入学式ではパステルカラーのスーツが主流で明るい感じですが、卒業式は黒っぽい服装が主流です。
子どもが主役という事を忘れないことも大切です。

 

 

どの卒業式か、どのような学校か、地域性とかでもお母様方の服装が違ってくるのではと思います。
幼稚園と小学校の卒業式では、着物で出席するお母様が結構いました。
どの卒業式でも礼服のお母様方が一番多く、一番間違いのない服装だと思います。

 

中学、高校と進むごとに黒っぽい普通のスーツの方も増えていきました。
幼稚園では、白のスーツを格好良く着こなしてくるお母様もいましたが、小学校以降は卒業式の親の服装は着物でない限り皆さん黒あるいは紺、グレーでした。

 

幼稚園と小学校は親子揃ってのクラスごとの卒業写真がありましたし、その後ホテルでの謝恩会や卒業を祝う会等ありました。
その為、着物で卒業式に出席していたお母様は謝恩会には礼服や黒っぽいスーツに着替えていました。

 

私自身、幼稚園年長と中学3年はPTAをやってたため、幼稚園の謝恩会や中学の卒業式後の教室での先生への御礼の会の準備で卒業式当日も忙しく動き回っていた為、普通に礼服を着ていきました。

卒業式は持っている礼服で行き、入学式は明るい色のスーツを新調していました。

 

高校は謝恩会もありませんでしたし、卒業式後各教室に行き先生から卒業証書をもらうだけで親子で行動することもありませんので、普通に目立たない色のスーツやワンピースで来ているお母様もたくさんいました。

 

また、卒業式がどこで行われるかにもよりますが、体育館の場合とても寒いので中のインナーでしっかり暖の取れる物とコートとカイロは必須だと思います。
いくら寒いからと言って式の最中のコート着用は厳禁です。
コートは黒のコートかベージュのトレンチコートが多かったです。

スポンサーリンク

卒業式の母親の服装 バッグや小物はどんな物が良いの?

バッグは、やっぱり礼服や黒のスーツに合う黒の小さ目のショルダーバッグの方が多く、スリッパ等を入れる手提げ袋をサブに持っている方が多かったです。
その時の流行りもありますが、クラッチバッグを持っている方も何人かみえました。

 

絶対にありえないのは、ルイヴィトンのダミエやモノグラムのような柄のバッグです。
無地が無難だと思います。

 

子どもが通っていた学校の雰囲気にもよると思いますが、バッグのブランドはシャネルのバッグの方が多かったです。
私自身もシャネルの横長で小さ目のショルダーバッグで、ショルダーの部分がチェーンではなく黒でシンプルな物を持っていきました。

 

当日は子供が主役で、お母様方の持っているバッグが何を持っているかまで見ませんので、ブランドにこだわる必要はないように思います。

卒業式の母親の服装 ストッキングやアクセサリーはどんな物を選ぶのが良いの?

アクセサリーというか、絶対に気をつけなければいけないことは、ストッキングは肌色のヌードベージュを履くことです。

ここで黒を履いてしまうとお葬式のようになってしまいますし、皆さん普段はこの季節黒のタイツやストッキングの慣れているとは思いますが、これこそお母さま方の間でも目立ちますので気をつけるべきことです。

 

靴は普通に黒のパンプスが良いです。つま先などが開いているパンプスは避けたほうが良いと思います。

 

アクセサリーは無難にパールのネックレスにイヤリング(ピアス)という方が一番多かったです。

 

スーツの方はダイヤやプラチナのアクセサリーの方もいましたが、ゴールドは卒業式の雰囲気には合わないでしょう。

 

また、アクセサリーで皆さんが付けていたのがコサージュです。
生花でコサージュが作ってあったり、プリザーブドフラワーで作ってある華やかなコサージュの方が何人か見えましたが、普通に市販のコサージュをつけている方が大半でした。

まとめ

服装、バッグ、アクセサリーどれをとっても、華美になりすぎないように気をつけたほうが良いです。
卒業式は母親が主役ではないので、コサージュとかで華やかさを出すだけで、他は品の良いものを身に着ける事を心がけさえすれば大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す