卒業式や入学式のスーツは同じで良いのか違うのかほか注意点はここ!!

卒業式終はすぐ入学式という人もおり、卒業式で着用したスーツを入学式でもできれば着用したいという人は多いのではないでしょうか。

 

そこでここでは、入学式や卒業式のスーツの違いや同じスーツでも良いかのほか、注意点などについて紹介します。

 

同じテーマの記事
卒業式や入学式はスーツの着回しは出来る?着回しに良い物やブローチなどの小物はここ!!

スポンサーリンク

卒業式や入学式のスーツは同じで良い?

この時期は卒業式と入学式が立て続けにありますので、卒業式が終わったら、すぐに入学式という人もいるのではないでしょうか。

入学式の準備などで出費もかさみますので、抑えることができる費用はできるだけ抑えたいものです。
その中でも卒業式と入学式を同じスーツを着ることで出費を抑えることはおすすめです。

 

入学式に黒のスーツで行く人も実際に多く、4分の1から3分の1くらいの人が入学式で黒いスーツを着ていると言われています。

黒のスーツで両方に参加する場合は、入学式は卒業式よりも華やかな場だと考えられていますので、黒スーツの胸元にコサージュなどをつけておきましょう。

 

また、入学式では写真を撮ったり、動画を撮影したりして、自分の子どものことで大忙しで、親御さんは自分の子どもしか見てないともいえますので、卒業式と入学式のスーツが同じでも気にしている人はいないといえるでしょう。

卒業式と入学式のスーツの違いは?

卒業式は卒業証書授与と呼ばれる格式の高い式典ですので、入学式よりも格式が高いと考えられています。

卒業式は、生徒や先生、保護者などが共に過ごした時間を振り返り、それを締めくくる式という性質があり、そのような点が服装に求められ、そのためきちんとした服で参列をするのが一般的です。

そして、格式が高い場所で着る服の色は一般的には黒といわれるため、卒業式ではほとんどの参列者が黒スーツを着用しています。

 

入学式は卒業式とは異なる意味がある式です。
これからの出発を祝うという目的で行われる春の行事ということもあり、明るくて華やかな色が好まれるのです。

スポンサーリンク

そのため、スーツのカラーは、ピンク、ベージュ、クリームといったカラーを見につけている人も多く、和服で参加する人もいらっしゃいます。

 

しかし、入学式では様々なカラーのスーツが着用されており、黒スーツを着ている人も結構います。

 

ジャケットに合わせたスカートなどを着用している人もおり、うまく組み合わせを変えたりすると、スーツを1着購入するより安くすむのです。

 

お子さんが何人もいるという人などは、何度も卒業式や入学式に参列することになりますので、上手な着回しをマスターする事で、何着も持っているように見せることもできますので、うまく着回しをしていくことがおすすめです。

卒業式や入学式でスーツを着る際の注意点

卒業式や入学式でスーツを着る時にはスカートなどの注意点を知っておきましょう。

スカート丈は短くても膝のお皿半分はあることが服装マナーといえます。
式の間は着席していますので膝上丈ではちょっと心配でしょう。

 

入学式の時に見につけるアクセサリーとして便利なのがコサージュです。
最近は様々な種類のものがあるので、選ぶ楽しさもあります。

コサージュは子どもの成長を願う母親らしさのある雰囲気という点で、最適ツールといえます。

また、簡単に自作で製作することができますので、時間的余裕があれば自分らしいデザインのオリジナルのコサージュを作ってみるのもいいですね。
そして式の時に身につける靴もバックも式の場に合うものをチョイスする様にしましょう。

まとめ

卒業式と入学式に着用するスーツは同じものでも大丈夫です。

卒業式では黒を着用しますので、入学式できる場合には、胸元にコサージュをつければイメージが変わります。

また、これらの式で身につけるスーツは、組み合わせ次第で何着も持っているように見せられますのでいろいろと工夫してみるのも良いですね。

 

同じテーマの記事
卒業式や入学式はスーツの着回しは出来る?着回しに良い物やブローチなどの小物はここ!!

スポンサーリンク

コメントを残す