卒業式や入学式はスーツの着回しは出来る?着回しに良い物やブローチなどの小物はここ!!

卒業式と入学式は、お子さんの成長を感じることのできる素晴らしい機会ですよね。
楽しみな一方、何を着て行こうか悩むママも多いと思います。

 

また、子どもにお金がかかる時期でもあるので、自分の着ていくものにお金をかけるのは時間的にも経済的にも厳しい!という意見も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、そんなママに卒業式や入学式のスーツの着回しやオススメコーディネートなどをご紹介します。

 

同じテーマの記事
卒業式や入学式のスーツは同じで良いのか違うのかほか注意点はここ!!

スポンサーリンク

卒業式や入学式はスーツの着回しは出来る?

まず一般的に、卒業式でのスーツの色は落ち着いたダーク系、入学式では明るい色が主流と言われています。
なぜかというと、二つの式は性質や雰囲気が異なるからです。

 

卒業式は先生やお友達との「お別れ」と今までお世話になった園や学校への「感謝」を表す式典。
全体的に落ち着いた雰囲気で進行されます。
よってその雰囲気に合った、ダーク系の色が好まれるようです。

 

一方、入学式は「新しい出発と出会いの場」です。
新しい出発を祝う式典に花を添えるような明るい服装がふさわしいと考えられているようです。

 

ただし、独自性や決まりのある園や学校もあるので、可能であれば事前に先輩ママなどに相談しておくと安心ですね。

 

そう考えると、同じスーツの着回しは難しいように感じられますが、組み合わせや工夫によっては着回しも可能なのです!

 

使いやすい色を選ぶことも大切ですが、インナーや小物で印象を変えたり、手持ちのアイテムと組み合わせれば、卒業式と入学式にふさわしい服装をととのえることができますよ。

卒業式や入学式のスーツ 着回しするのに良いのはどんな物?

では、着回しに向いているのはどのようなスーツでしょうか?

やはり、インナーを変更することで違った印象にすることができるジャケットとスカートの組み合わせのスーツが着回しに向いています。

 

色は、紺やグレーがオススメ。
特に紺はダークカラーの中でも目立ち過ぎず、清楚できちんとした印象を演出できるので、最近人気が出ています。

 

インナーは、卒業式では白など薄い色のブラウスやカットソー素材のトップスで落ち着いた雰囲気に。

スポンサーリンク

 

入学式ではデザイン性の高いブラウスやパステルカラーなど春らしい明るい色のインナーを選ぶとそれだけで華やかな印象になります。

 

また、手持ちに他のスーツがあれば、ジャケットやスカートを差し替えて使うのもいいですね。

 

それから、最近流行している「着回しセット」と呼ばれる、ジャケットとスカート、トップスなどが組み合わせて使えるよう3~6点がセットになって販売されているものを購入するのもひとつの手です。

 

セットで購入すれば、悩むことなくコーディネートが完成。
手持ちのアイテムが少ない場合はこういったものの利用も検討してみてはいかがでしょうか?

卒業式や入学式 ブローチなどの小物はどんな物が良いの?

スーツとインナーだけではコーディネートは完璧とは言えませんよね。

 

スーツに合わせるアクセサリーで多いのは、胸元を飾るコサージュやブローチ。
同じスーツに同じインナーでも、コサージュひとつで印象がガラッと変わります。

 

胸よりも高い位置につけるとスッキリ感がアップ。視線を上に向かせる効果もあり、スタイルも良く見えますよ。

 

デザインは、赤やゴールドなど派手な色は避けましょう。

 

卒業式では淡い色で上品なイメージのもので、優しい華やかさを演出しましょう。

 

入学式は春らしいパステルカラーのコサージュや、生花のコサージュもいいですね。

 

ネックレスも胸元を飾るアクセサリーのひとつ。
つけるのであれば、やはり派手なデザインは控えたほうがいいでしょう。
パールは上品な印象もありオススメです。

 

バッグや靴は、一目でブランド物とわかるようなものはNG。
特に卒業式にはスーツに合わせた色や黒色がオススメです。

 

また、バッグに、折り畳みのできるサブバックを入れておくと記念品など子どもの荷物を収納することができるので便利です。

まとめ

卒業式、入学式のママの服装は賢く上手にそろえたいですが、自分に似合っているかどうかのチェックもお忘れなく。
年齢に合った装いも肝心です。

そして、式の主役はあくまで子ども。
その場にふさわしい装いで、子どもの門出に花を添えましょう。

 

同じテーマの記事
卒業式や入学式のスーツは同じで良いのか違うのかほか注意点はここ!!

スポンサーリンク

コメントを残す