さがみ湖イルミリオンの期間や営業時間ほか混雑状況、口コミはここ!

2016年 関東最大、600万球を使用した圧巻の輝き。
さがみ湖リゾートで開かれるイルミネーションイベント、
さがみ湖イルミリオン

イルミネーションに輝く、広いリゾートの中を散策すると、
いつもの日常とは違う幻想的な時間になるでしょう。

スポンサーリンク

さがみ湖イルミリオンの期間や営業時間、料金は?

さがみ湖イルミリオンの

開催期間
2016年10月22日~2017年4月9日

期間が長いので、クリスマスなどの慌ただしい時期を外し、
ゆっくり回りたい方にもおすすめです。

それでもイルミネーションイベントの中では、
非常に有名なイベントですので、平日にいけるのであれば、
混雑する事も少なく、ゆっくりと回れると思います。

開催時間
午後4時~午後9時30分

遊園地の開園時間は時期や曜日によって違いますので、
昼間から入園される時は、公式ホームページ等で
確認の上、行かれて下さい。

料金
期間中は通常の料金に加え、お得な夜間限定(午後4時から)の
入場料があります。

夜間入園料
大人       800円
子人       500円
(3歳~小学生まで)
愛犬!      500円

愛犬以外の入場の可否は公式ページからお問い合わせ下さい。   愛犬?

通常の料金(昼間から入る場合)
入場料
大人      1700円
小人・シニア   1000円
(60歳以上)

フリーパス(入園料と乗り物の乗り放題が付いてます)
大人      3900円
小人・シニア   3100円
※イルミネーション期間中は、フリーパスでナイトアトラクションも利用できます。

駐車料金
普通車     1000円
大型車     2000円
(車高2.1m以上)
バイク      500円

イルミネーションだけを見るのなら、夜間入園料金がお得ですが、
混雑の少ない日に、一日楽しむのも良いかもしれませんね。

さがみ湖イルミリオンの混雑はどの位?

道路が最も混雑するのは11月と12月です。
多い時には、夜間料金で入ろうとすると、
駐車場が昼間から利用している車でいっぱいで、
なかなか車を止められない事もあります。
11月、12月や連休、クリスマスなどの混雑期は、
昼間にはさがみ湖へ着く様に移動するのが良いようです。

スポンサーリンク

下の口コミでもある様に、シャトルバスが運行しますので、
公式ページ等で確認し、利用されるのも良いかもしれません。
※混雑ピーク時はバス乗り場も、混雑する事があり得ますので、
昼に行かれる事をおすすめします。

スポンサーリンク

さがみ湖イルミリオンの口コミはここ!

口コミ
以前さがみ湖ピクニックランドと呼ばれていた施設が2008年に生まれ変わったさがみ湖イルミリオン。
文字通り、首都圏最大のイルミネーションイベント施設となっています。
毎年冬から春にかけてイベントが行われ、特にクリスマスシーズンには数百万個のLEDライトで訪れた人のカップルから家族連れまでかなりの数の人が訪れます。
17時からの入園料金は大人800円、子供500円と大変リーズナブルな価格で、乗り物フリーパスをつけると大3700円、子供3000円となります。
また、園の中央にはワイルドダイニングというレストランがあり、そこでは、イルミネーションを眺めながら、食事ができちゃいます!おすすめメニューはピザ、鉄板焼きハンバーグなどです。また、ここはなんとペットも同伴可能ということで、こちらもワイルドダイニングやワイルドクッキングガーデンで食事をすることができます。
交通の便も良く、新宿駅から相模湖リゾートレジャーフォレストまでのシャトルバスも出ていますので、ぜひ利用してみては。
口コミ
休日に行ったので結構並んでいましたが、割とすんなりと入ることができ、
関東最大550万個の光の祭典と言われているだけあって、その迫力に魅了されました。
エリアによってテーマが変えられていて、見応えがあります。音楽と光が一緒になっているところが一番感動しました。
今まで見てきたイルミネーションの中でもダントツで綺麗でした。
こんなにも大規模なイルミネーションは初めてで、興奮して子供を差し置いてはしゃいでしまいました。
ひとつだけ不満点をあげるとしたら、山の上に登るまでの道が狭いというところです。足元が暗くて見にくいので、小さい子供を連れていたので結構危なくて大変でした。
それ以外は、とても満足でした。今年も見にいこうかと家族で検討中です。

まとめ

関東最大の600万球が彩るさがみ湖イルミリオン。

これまでに行った事のある方も新たに加わったイルミネーションを
見に行くのも良いのではないでしょうか。

冬に見に行かれる際は、夜の冷え込みが厳しくなりますので、
服装にはくれぐれもご注意下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す