卒業式の髪型 小学生の編み込み簡単セットや可愛いワンポイントの工夫はここ!!

小学生の卒業式の髪型について、悩まれる方は多いと思います。

6年間の最後を締めくくる大事な行事ですし、可愛く迎えてあげたいですよね。

 

しかし女の子は、男の子と比べて髪型や服装の種類が多いですし、小学6年生はおしゃれに目覚めはじめ、可愛くしてほしいとお願いする年頃だと思います。

 

そこで、小学生の卒業式にお勧めの編み込みのセット方法や簡単な方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

卒業式の髪型 小学生の編み込みはどうセットするのが良い?

服を着る際に髪が乱れる恐れがあるので、早めに支度を済ませ、髪型をセットする時は、ほとんど用意を済ませた状態で行いましょう。

 

髪のセットは、ハーフアップの編み込みをお勧めします。

全て髪をまとめると大人っぽいイメージになりやすいため、可愛くセットしたい場合は髪を残した方が小学生の可愛さが引き立ちます。

 

手順は、まず髪の毛全体をヘアアイロンなどでカールさせます。
これをしておくと、編み込みが崩れにくいです。またハーフアップの後れ毛をカールさせることで、可愛さが引き立ちます。

そして、分け目を7:3に分け、7の部分を編み込みに使用します。

 

次に分け目の髪の毛を少しすくい、3束に分けます。太めの編み込みをしたい場合は、やや多めに取りますし、小さくたくさん編み込みたい場合は少量をすくいます。

 

その3束を顔側から1,2,3と順番付けして説明します。
この3を2の上に重ねて、1を3の上に重ねます。
そして2の束と後頭部側の髪の毛を少しすくい、合わせます。
その毛束を1の上に重ねます。
3の束とこめかみ側の髪の毛を少しすくい、合わせます。
3を2の上に重ねます。
そして1の束と後頭部側の髪の毛を少しすくい、合わせます。
合わせた毛束を3の上に重ねます。
2の束とこめかみ側の髪の毛をすくい、合わせます。
合わせた2の毛束を1の上に重ねます。

 

このように、各毛束の周辺の髪の毛をすくって重ねることを繰り返し編むことで、編み込みを作ります。

スポンサーリンク

 

編み込みの場所は、こめかみ寄りに沿って編んでいき、耳の後ろ側に編み込みをして、耳の後ろまで編み込めたらゴムなどで毛束を結びます。

 

毛束が跳ねる場合は、ヘアピンなどで毛束を他の髪と固定します。

 

残りの髪の毛を、ヘアアイロンなどでカールをさせて、全体を整えます。
もう片方の耳側の髪の毛は耳にかけるとバランスが良いです。

 

これで片方だけ編み込みをしたハーフアップが完成です。
アシメトリーになっていて、編み込み側に髪飾りを付けると華やかになります。

卒業式の髪型 小学生の簡単にできるセットの方法はある?

簡単な小学生の簡単な髪型は、三つ編みです。

分け目から耳の後ろにかけて三つ編みをして、もう片方も同じように三つ編みします。

 

耳の後ろ側に三つ編みの毛束を持っていき、耳より後ろの残した髪の毛に隠れるようヘアピンで固定し、もう片方も同じようにします。

 

他の髪の毛をヘアアイロンなどでカールをさせて、全体のバランスを整えます。

これで、三つ編みのカチューシャをしているような髪型になり、簡単で可愛い髪型になります。

卒業式の髪型 小学生の可愛いワンポイントの工夫は?

ワンポイントの工夫は、髪飾りを付けると一気に華やかで可愛くなります。

 

造花の付いたバレッタを髪の毛に挟むだけで可愛いです。
またキラキラしたカチューシャも華やかさが増します。

 

前髪をいつもと分け目を変えることや、毛流れを変えるだけでもいつもと感じが変わり、特別な日の髪型に変化します。

 

このように、普段しないことや、アイテムを取り入れることで可愛いワンポイントになります。

まとめ

女の子の小学生の卒業式は、髪型や服装で可愛らしく迎えることが出来ます。

 

髪型は結ぶだけでも良いですが、編み込みや三つ編みを加えることでより華やかになります。

 

難しい作業なので、卒業式前から練習していると当日は慌てずに髪の毛をセット出来ると思います。コツをつかんで、可愛いく卒業式を迎えてると良い思い出になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す