卒業式の袴に合う髪型 編み込み編 自分で出来る?アレンジや小物はどんな物が良い?

大学の卒業式といえば女性はやはり袴姿に憧れますね。

袴の着付けは、ちょっと練習すれば自分でも出来ますので是非トライしてみてはいかがでしょうか。

同時にヘアアレンジもアイデア次第で自分でお洒落に仕上げることが出来ますよ。

 

若さときちんと感を兼ね備えた編み込みヘアはセレモニーの場にもふさわしく好印象です。

 

では、編み込みにはどんなバリエーションが有るかご紹介いたしましょう。

スポンサーリンク

編み込みは自分で出来る?

編み込みというと複雑そうに思いがちですが、基本的に三つ編みが出来れば意外と簡単に出来るものです。

しっかりと手順を覚えれば、あとは手先が覚えたように繰り返し同じ編み方を進めていくだけで仕上がります。

 

 

編み込みには表編みと裏編みがあります。

表編みの見た目は、三分割した毛束を編み込んだV字の目が綺麗に中心に集まっていくように平たく仕上がります。

これとは逆に裏編みの見た目は、三つ編みが確りと地肌に貼り付くように盛り上がりのある立体仕上げになります。

 

 

髪の長さにもよりますが、全体に編み込むのは難しくても、顔周りの部分だけ編み込んだり、サイドだけ編み込んだりと一部の編み込みは自分でも簡単に出来るので練習してみてくださいね。

アレンジはどんな風にすれば良い? 編み込み編

編み込みヘアのアレンジは、まずは美容師さんに頼む場合は全く問題ありません。
好きなスタイルをリクエストしてフルアップにも対応してもらえます。

 

編み込みのフルアップは畝(編み込む幅)の大小によってもイメージが変わります。

たとえば、ロングヘアの人ならトップから大きく編むことも出来ますし、細い畝を何本も作ってアクセントをつけることも可能です。

 

 

自分で編み込みにトライする場合は、後ろが見づらいので編み込みだけでのフルアップは少し難しいかも知れません。

スポンサーリンク

けれども、トップから両サイドに二分割した髪を2本のサイド編み込みにして最後に一纏めにして髪飾りなどで纏めた部分を留めると、充分フルアップの感じは出せます。

 

また、袴姿にはダウンスタイルで一部だけ編み込んでみるのも良いですね。
耳上で分けた髪を左右両方編み込んで、耳から下は三つ編みにします。

それを後頭部で纏めるだけでも顔周りスッキリで清楚なお嬢様感漂うヘアスタイルが出来ます。

編み込みヘアに似合う小物

編み込みヘアに似合うヘアアクセサリーはどんなものが有るでしょうか。

 

まず、和のテイストを重視するなら『つまみ細工』のヘア小物などがお奨め出来ます。
つまみ細工とは舞妓さんの花かんざしにも見られる技法で、小さな布を立体的に寄せ集めて花の形を作ったものです。

これをコームやバレッタ、Uピンなどに付けたものが売られているので編み込んだ髪と合せると和風な可愛らしさのあるヘアスタイルが完成します。

 

 

これとは別に縮緬素材で作られた大きめのリボンも若々しくて大学の卒業式にはお奨めです。

他にも水引アクセサリーも和の感じが出て良いですね。

縮緬や水引は色のバリエーションも多く、着物の色とコーディネートしやすいです。

 

 

また、シンプルに仕上げたい時はパールやラインストーンが付いたUピンを編み目の途中で何箇所か挿すと、控えめながらも華のあるヘアスタイルが出来ますよ。

その他、羽の飾りなども可愛いですね。

少量なら羽プラスつまみ細工の花などのアレンジも出来ます。

 

歩く度にフワッと優しく揺れるので見る人にとって印象に残る飾りになりますよ。

まとめ

難しそうに考えている編み込みヘア、じつは手順さえ覚えれば自分でも出来るのですね。

 

ポイントは最初に確りとブロッキング(髪を部分ごとに分けること)して、何処を編むかを決めることです。

 

スッキリと顔周りの髪を編み込んで、清楚感とセレモニーにふさわしいスタイルを作ってください。

袴姿との相性はピッタリなので周囲からの注目も集まること間違いなしです。

スポンサーリンク

コメントを残す