ホワイトデーのお返し 義理チョコ高校生編 お返しの相場や安く済ませる方法などはここ!!

バレンタイン商戦が年々熱くなるにつれ、その返礼商戦も盛んになりつつありますね。

いわゆるホワイトデーのことですが、大人社会の社交辞令的お返しにとどまらず、最近では高校生もホワイトデーにお返しの品を確り用意するそうです。

 

一体どんなものを贈るのでしょうか。
イマドキ高校生のホワイトデーギフト事情をご紹介いたします。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返し 義理チョコ高校生編 お返しはどんな物が良い?

バレンタインに義理といえどもチョコをもらった男子、さてお返しは何が良いのでしょうね。

 

女子高生の一日の生活から考えると、その日常シーンで使われるグッズを贈るのも一案です。

大人と違って高価な品よりも実用的で洒落っ気のあるセンス良いギフトを探してみてはいかがでしょうか。

 

たとえば、タオルやマグカップなどプライベート生活に密着した品。

また、学校で使うシャープペンシルやクリアファイルなどのステーショナリーグッズ。
金額もさほど高価では無いので求めやすいでしょう。

 

スマートフォン用のイヤホンもカラフルで可愛いデザインのものがたくさん出回っていますね。

こちらは値段の幅も様々なので、一度チェックしてみてくださいね。

 

他には、ちょっとお洒落なコスメなどが女子高生には人気です。

香り付きのリップクリームやハンドクリームなども実用的で喜ばれます。

スキンケア用のフェースマスクは一枚売りのものも種類豊富なので、そちらも要チェックです。

 

また、スイーツ好きの女子にはお菓子を贈るのも良いですね。

 

グッズの好みがわからない場合に、お菓子を贈るのはお奨めです。

ホワイトデーのお返し 義理チョコ高校生編 お返しの相場や予算はどれ位?

ホワイトデーギフトの予算ですが、相場はあまり気にすることなく自分の気持ちで決めれば良いでしょう。

スポンサーリンク

 

貰ったチョコが明らかに義理チョコの場合は、同額程度のお返しで充分ですが、嬉しかった気持ちを上乗せしてお返しするのもアリですね。

300円程度の義理チョコを貰ったとしたら、500円を予算とするとか、さらに安い100円程度のチョコならば、お返しは300円程度で良いのではないでしょうか。

ホワイトデーのお返し 義理チョコ高校生編 お返しを安く済ませる方法は?

さて予算が決まれば品選びなのですが、買い物を安く済ませるにはお店選びも大切ですね。

そんな悩みを一気に解決できるのが300均や100均と呼ばれる均一価格のショップです。

商品アイテムも豊富で、なにも目ぼしい物が見つけられないということは、まず無いでしょう。

 

他に安く済ませる方法は、家庭用のお菓子で個別包装されているものなら数種類取りまとめてラッピングだけすれば安上がりです。

クッキーやチョコレートの大袋がスーパーでは200円台から売っていますよね。

その中身は大体10枚以上入っているので、小分けにして数種類組み合わせれば結果的には割安になります。

 

さらに、少々手間ひまは掛かりますが、チャレンジ精神を惜しまないなら手づくりのクッキーなどでお返しもアリですね。

家庭にある小麦粉やバター、砂糖を使用するだけなのでお安く出来上がります。

いずれも高校生の義理返しの品なので、それでも充分ではないでしょうか。

まとめ

義理チョコと言っても、貰った以上お返しは気になるところです。

やはり日ごろの学校生活で人間関係を円滑にするにもホワイトデーにはお返しはしておいたほうが良いですね。

 

ただ、たった一人の女子から貰うのではなく、沢山の義理チョコを貰ってしまったほうはお返しするにも大変です。

一人当たりの単価を安くして、たとえば200円の予算でも10人に返せば2千円、クラスの女子20人に返すと4千円になりますよね。

そんな事情を考えると気が重くなりそうですが、バレンタインは年に一度の人気のバロメーターのようなもの。

ぜひ、ホワイトデーも知恵を絞ってスマートに乗りきって欲しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す