ホワイトデーのお返し 彼女社会人(30代)編 お返しや予算、手紙に関してはここ!!

まもなくホワイトデーですが、男性の皆さんはお返しを考えているでしょうか?

お返しはいいやと思っている人は論外ですが、どんなプレゼントを返せばいいか悩むものですよね。

特に女性と男性は脳の構造から違うとも言われ、喜ばせることはなかなか難しいものです。

 

そこで現在30歳社会人の私が周りの友人にお返しがどういったものがいいかを聞き込みをしてきました。

30代の方以外でも参考になりそうですので興味があれば読んでみて下さい。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返し 彼女社会人(30代)編 お返しは何が良い?

これは人によってそれぞれでした。

ネックレスが欲しいといった子もいれば加湿器が欲しいといった子までいたわけですが、こればかりは人の個性によって変わってくるものです。

そのため本人に聞くのが一番であるという結果に至りました。

 

もちろん女性が欲しいといっていたものを覚えておいて、それを買うというのがベストであることには間違いありません。

でもこれはなかなか難しいのではないでしょうか?

 

30代になると好きなものは自分で買えます。それにこだわりもある。

だから変なものを買われるより、ずばり聞いてくれる方が嬉しいと思います。

私自身全く趣味でないストールをもらって困ったことがありました。

 

もし、特に欲しい物がないといわれた場合はいつもは行かないような食事をするというのもありだと思います。

30代でのお付き合いだとお互いに社会人であることが多いと思います。

そうするとなかなか時間をとることが難しかったりもします。

 

そうであれば食事をしながらゆっくりというプレゼントもいいのではないでしょうか?

そして食事の後に本当にちょっとしたプレゼントを渡すのもありです。

 

初めに「お返しにいつもよりいい所で食事しよう」と女性を誘い、サプライズでお菓子や花などプチプレゼントを渡すという流れです。

 

ちなみにプチプレゼントは夫婦箸が嬉しいといっていた子もいました。

お互い土日泊まる関係だと一緒にご飯も食べるので実用的でもあり、これからも一緒にいたいという気持ちも分かるので嬉しかったといっていました。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返し 彼女社会人(30代)編 予算(相場)はどれ位?

まず最低限のマナーとして、頂いたものよりも低いプレゼントを返すのはいけません。

今のチョコレートはけっこう高いものが多いので注意しましょう。

 

私が考える金額は大体3千円から5千円程度かなと思います。

私はいつも本命に3千円ほどのチョコレートを渡しています。

周りの友人もだいたい3から5千円だと話していました。

もちろん手作りの子もいますので金額には差がつきます。

 

でも30代へのプレゼントだと低い金額では良いものは買えません。

上記の食事プレゼントが無難である理由のひとつでもあります。

ホワイトデーのお返し 彼女社会人(30代)編 手紙を添えるのはあり?

以前男性に手紙を頂いたことがあるのですが、私はちょっと引いてしまいました。

「これからもよろしく」くらいなら良いのですが、長い文章を書いてきたので少しナルシストなのかなと感じました。

周りの友人もナルシストな男性は苦手なようです。

 

もし手紙を書きたいのであればサラっとした文にまとめるようにしてください。

長い手紙は正直ホワイトデーには重いと思います。相手が結婚申し込みだと期待します。

 

30代ならそんな手紙をくれるくらいなら「結婚してください」といってほしいと思うのではないでしょうか?

もし結婚する気がない彼女だったとしても言われる分には嫌な気持ちにならないはずです。

 

そのため30歳以上になったら、もっと特別な時に手紙を取っておいたほうがいいです。

例えば結婚を申し込む時に手紙にする、結婚式の披露宴で奥様に手紙にしてよむなどです。

 

ある程度の年齢になると手紙は重みを増すので、簡単に書いていいものではなくなるように思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

30代になると欲しいものは自分で買えるので、プレゼントが難しいのだと思います。

 

もし嫌われたくない相手であるなら欲しいものを聴いてしまうのも良いでしょう。

 

その気があるなら結婚を申し込むというのもありなのかもしれませんね。

 

こちらを参考にして素敵なホワイトデーをお過ごしください。

スポンサーリンク

コメントを残す