入学式の男の子のスーツのブランドのおすすめや特徴、購入時の注意点は?

小学校の入学式で着用する服装は、目立ち過ぎても地味過ぎても気になってしまいます。

そしてなによりスーツは、数万円程度のものが多いため、できれば入学式以外にも着まわせるものを探したいものです。

今回は、小学校の入学式だけでなく、入学後にも活用できるスーツの購入テクニックを紹介します。

スポンサーリンク

入学式の男の子のスーツはブランド物がいいの?

入学式用のスーツは、毎年子供服ブランドから販売されています。多くは、ジャケットとパンツがお揃いになっており、シャツとネクタイは好みで選ぶようになっています。

小学生にブランド物を着せることに抵抗がある人も多いようですが、外から見てブランドものであることがわかるような個性的なデザインでない限りは、ブランドものでも差し支えないでしょう。

 

むしろ、値段が安いからといって気に入らないスーツを購入し「入学式でしか着なかった」という方がもったいないことになります。

ブランド物でも、生地や縫製がしっかりとしていて、シンプルで飽きのこないデザインであれば、奮発して購入し着まわしたほうがいいでしょう。

 

ただ、外から見て一目でブランドものであることがわかるようなデザインの物は避けるようにしましょう。なぜならば、入学式にはさまざまな家庭のお子さんが参加しています。

高級スーツどころか、入学式用の服を新調できない家庭もあるのです。自分だけでの自己満足ではなく、周りの人がどう感じるのかを考えながら選ぶようにしましょう。

入学式の男の子のブランドは何がある?おすすめは?

男の子の入学式の服装は、紺かグレーのスーツが一番多いようです。
ジャケットだけはお下がりで、ズボンだけ新調する場合にはジャケットが紺ならばズボンはグレーにしたりと、全く違う色を組み合わせたほうがいいでしょう。

 

男の子の服のブランドは、いくつかありますがサイズが豊富にあるブランドはJプレスです。

Jプレスのデザインは、シンプルでありながら品があります。
ネクタイやシャツも種類が豊富にあります。Jプレスのデザインは、大人っぽい印象であり、全体的に細めにデザインされています。

スポンサーリンク

 

もしももっと子供らしいデザインを求めるならば、ファミリアがいいでしょう。
ファミリアといえば、赤ちゃんから小さな子供までのイメージです。
しかし、実際は160サイズまであり、入学式に適した服も販売されています。
価格は高めですが、生地も縫製も優れているため兄弟にお下がりして、何年も着ることができます。

 

おしゃれで個性的なデザインを求めるならば、ブルークロスもおすすめです。
おしゃれな男の子が好きなブランドで個性があるデザインです。
子供服のブランドも、ブランドごとに個性があります。
お子様に合ったブランドを見つけておくと、入学後の服を探すときにも役立ちます。
ぜひ、入学式の服を探しながら、個性に合ったブランドをみつけてください。

入学式の男の子のブランドスーツを買う時の注意点は?

ブランドの入学式用の服を買うときは、少し大きめのサイズを購入することをおすすめします。

 

そして、ジャケットの袖を詰めるときは、切らずに詰めるようにします。
袖丈を詰めるとき、一般的なお直し店ではあまった部分を切り取って詰めます。
しかし、ブランド店で購入した服はブランド店で直しを依頼することが可能です。
切らずに袖を詰めておくことで、再び袖丈を長く戻すことが可能なのです。

 

そして、ジャケット選びにはコツがあります。
ブランド物のスーツを購入するとき、ブランドによっては、その年の流行をふんだんに取り入れたデザインの商品を販売していることがあります。
流行を意識したデザインはおしゃれですが、なかなか着まわすことは難しいのです。

 

ジャケットとズボンはブランド物でもできるだけシンプルで落ち着いたデザインのものを選ぶようにしましょう。
個性を感じさせるアイテムは、ネクタイです。
ネクタイは、ブランドの個性を感じさせるものを選んでも楽しいでしょう。

まとめ

入学式は、親にとって楽しみなイベントの一つです。しかし主役は子供であることを忘れないようにしましょう。

 

高級なブランド服が一番なのではなく、子どもの個性を引き立たせるような服こそ一番のスーツなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す